FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鵺の呼び声ぷち 02

ぬえ霖強化週間。
まだまだ続くよどこまでも。


霖之助 ぬえ









ぬえまんが


「紅魔館に行ってきたわ!」
「大声を出さないでくれないか。魚が逃げてしまうだろう」


 紅魔館のほど近くにある、湖の畔。
 霖之助は釣り竿を手に、ぬえに振り返る。


「いいかい? 釣りとは魚と命を賭けた真剣勝負なんだ。
 こちらも真摯な態度で臨まなくては失礼というものだよ」
「ふ~ん」


 ぬえは霖之助の隣に腰掛けた。
 水面に、ふたり並んだ姿が映し出される。

 彼女は横に置いてある、いまだ空のクーラーボックスを覗き込み……。


「あんまり関係ないみたいね。
 それとも、ひとりの時も大声で喋ってたの?」
「…………」


 その言葉に、霖之助は顔を背けた。
 ちょうど視界に紅魔館が入ったので、思い出したように口を開く。

 ……話題を切り変えるように。


「紅魔館か。広かっただろう?」
「ええ。きちんと驚かせてきたわよ」


 ぬえの言葉に、霖之助は驚きの表情を浮かべた。


「あそこにはよくできたメイドがいるからね。
 すぐに見つかったんじゃないか?」
「平気よ。だって私だもの。
 それに正体不明の侵入者なんて、いかにも私にぴったりでしょ?」
「君の能力かい?」


 正体を判らなくする程度の能力。
 それでどうやってやり過ごしたのだろう、と霖之助は首を傾げる。


「あそこの屋敷ってよく侵入者がいるみたいね」
「……ああ、そうだね」


 その言葉に、よく見知った普通の魔法使いの顔が頭に浮かんだ。
 あと幻想郷最速の烏天狗も。


「だから、そのふたりのせいにしてきただけよ」


 正体不明、というより侵入者の先入観を逆手に取ったということだろう。
 あとであのふたりにお茶でもサービスするべきかもしれない。

 ……理由は伝えないけれど。


「いろいろできるんだな」
「そうでしょう?」
「他にどんなことが可能なんだい?」
「それが判ったら正体不明じゃなくなっちゃうじゃない。
 ひ・み・つ♪」


 唇を指で押さえ、ぬえは微笑む。


「勝手に考える分にはかまわないけど」
「そうか」


 言われなくても勝手に考えるわけだが。
 そんな霖之助の考えを知ってか知らずか、ぬえは楽しそうな表情を浮かべた。

 そして改めて、釣り竿に視線を送る。


「……釣れないわね」
「騒いでるからだよ」
「騒いでても釣れるときは釣れると思うの」


 彼女はそう言うと、霖之助の道具を調べ始めた。

 練り餌を手に取る。
 確か外の世界のエサだ。
 今日はこれを試してみる、と自信たっぷりだったはずだが。


「エサが悪いんじゃない?」
「いや、そんなはずは……」
「それ」


 かけ声とともに、ぬえは何かを放り投げた。
 それは霖之助の持つ釣り竿を伝い、糸の先へと留まる。

 ……ややあって、急に竿が動いた。


「ほら、かかった」
「……すごいな」


 力強い引きに負けないよう、大きくしなった釣り竿を引く。

 外の世界から流れ着いたカーボンロッドは軽く、そしてしなやかだ。
 霖之助は水面に上がってきた魚を、今日初めて網ですくった。


「エサに正体不明の種をつけたの。
 魚にはきっと素晴らしいエサっぽいものに見えたはずよ」
「ほう……」


 改めて、感嘆のため息を漏らす。
 エサだ、という認識があればもっとも近いものに見えるらしい。


「面白いな」
「でしょう」


 なにやら考察し始めた霖之助に、ぬえは満足げに頷く。


「もっともっと、考えるといいわよ。
 ……私のことを」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近ぬえ霖の事ばかり考えてしまうようになったのは間違いなく貴方のせい。なので一言言わせていただく。

ぬえ霖こそが俺等のジャ(ry
プロフィール

道草

Author:道草
霖之助がメインのSSサイト。
フラグを立てる話がメインなのでお気を付けください。
同好の士は大ウェルカムだよね。
リンクはフリーですが、ご一報いただけたら喜びます。

バナーはこちら。

<wasre☆hotmail.co.jp>
メールです。ご用のある方は☆を@に変えてご利用ください。

スカイプID<michi_kusa>

ついったー。

相方の代理でアップしてます。

同人誌情報
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。