FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインSS04

霖之助のチョコレートの見え方について話ごとに少し違うかも知れません。
そして萃香はえろい。それが俺の中の正義。


霖之助 萃香









「やほー」
「夜の挨拶にはほど遠いね、萃香」


 いつものように顔を出した萃香に、霖之助は苦笑を浮かべた。

 ちょうど店を閉め、振り向くと彼女が立っていたのだ。
 疎と密を操る彼女にとって香霖堂の鍵など何の意味もなさない。


「もう店は閉めたんだが」
「固いこといいっこなしだって。
 それに用があるのは店にじゃなくて霖之助にだもん。
 なにも問題はないよ」
「なるほど、友人としてのお誘いか」


 彼女たちに対抗することは、端から諦めている。
 どうせそれほどの力を持った妖怪が本気になれば、小細工など無意味なのだから。

 ならばその労力を、もっと有意義なことに使ったほうがいい。


「そ~いうこと。
 ニャハハハハ、霖之助ぇ~、飲んでる~?」


 萃香は酒臭い息で、霖之助にすり寄ってきた。
 既に出来上がっているようだ。

 もっとも酔ってない萃香など、見たことがないのだが。


「君はいつもと変わらないね。安心するよ」
「おややん。
 なんか変わった事があったみたいな言い方じゃないか」
「まあね。
 と言っても変わったのは僕じゃなくて、お客のほうだが……」
「ん~……っと。
 ああ、バレンタインデーってやつ?」


 萃香は思い出したように、ポンと手を打った。


「なんだかみんな態度がいつもと違ってね。
 妙に疲れたよ」


 来訪者は多かったが客は少なかった。
 そのことが余計に疲労を増加させている。


「その割には幸せそうな顔しちゃって。
 どうせたくさんチョコもらえたんだろ~?
 よっ、この色男」
「よしてくれよ。
 チョコは貰ったがね、みんなイベントに流されただけだよ」


 言って霖之助は、カウンターの脇へと視線を向けた。
 そこにはいくつかのチョコが積まれている。

 萃香もそれを見て……ふと、首を傾げた。


「やっぱり本命とか義理とかわかるの?
 その、霖之助の能力でさ」
「とりあえず、箱を見ると名称はバレンタインチョコに見えるね。
 用途は渡すもの、だよ」


 霖之助の能力で名を知るのは、道具の記憶によるものである。
 送り手である少女がバレンタインのチョコだと認識しているから、そう言う結果になるのだろう。


「まぁ、開けてみたら……名前が変わることもあるけどね」
「ふ~ん」


 ラッピングされた袋や箱は、あくまで贈り物用だ。
 その中に入っているチョコレートこそ、本当の想い……道具の記憶が刻まれている。


「なるほどねー。
 名前、変わったんだ」
「……ノーコメント、にしておこうか」


 そう言った霖之助の表情は、苦いものだった。

 いくつかチョコレートを食べたのだろう。
 ひょっとしたら、少女に渡されその場で開けたりもしたのかも知れない。

 ……つまり、その場で本命チョコだと判明したのかも。


「まあそれはともかく。
 今からお返しを考えるのに頭が痛いよ」


 バレンタインデーの風習は、ホワイトデーとセットでやって来た。
 ……人によっては、さもホワイトデーが本番だと言わんばかりに。


「甘ったるい一日だったんだねぇ。
 あはははは」


 萃香はそんな光景を想像し、笑みを浮かべた。
 少女が来るたびに冷や汗を垂らす彼の姿が目に浮かぶ。


「あまり笑い事じゃないんだがね」
「で、返事はするの?」
「ノーコメント、だ」


 これ以上からかったらさすがに機嫌が悪くなるかも知れない。
 萃香はそう考えると、腰に下げていた瓢箪をカウンターに置いた。


「甘いのはもう飽きただろう。
 とびきりの辛いモンを持ってきてあげたから一緒に呑まない?」


 萃香は自分の瓢箪を見せびらかすように振る。
 酒虫のエキスが染みこんでいるというこの瓢箪は、トッピング次第で味を変えられると彼女は言った。

 いろいろと他にも秘密があったりするのだろう。


「いいね、目が醒めそうだ」
「宴会と言うには人数が少ないけど」
「ふたりきりの酒宴も、オツなものさ」
「うんうん、わかってるね」
「じゃあ、先に行っててくれ」


 萃香と酒を呑む時は大抵縁側だった。
 さすがに夜風が厳しい季節だが、冬の月はそれを上回る格別さがある。

 それに萃香と酒を呑めば、嫌が応にも身体の中から温まってくるのだし。


「つまみはどうする?」
「もちろん持ってきたよ。
 あとは呑むだけ。準備万端ってやつだね」


 彼女の酒にかける情熱はさすがの一言だ。
 縁側には既にたくさんの料理が並べられていた。

 辛い酒にはやはり辛いつまみ、とは彼女の弁である。


「……これは、なかなか……」
「紫に貰ったんだよ、ラー油が最近人気らしくてね」


 霖之助は萃香と座って座り、酒と料理に舌鼓を打つ。


「しかし、見事に辛いものばかりだね」


 鶏皮とネギをラー油で和えたものやジャガイモにラー油をかけたもの。
 更には冷奴とラー油の組み合わせまであった。


「ラー油じゃないのもあるよ~」


 スパイスをふんだんに使った腸詰めや、イカの塩辛、たこわさび、肉味噌……。


「……まあ辛い料理であることに違いはないが」
「酒に合えばそれでいいのだ」


 しかし一体どこから持ってきたのだろう。
 ……気にするだけ無駄だとは思うが。


「あ、月に兎がいる」
「竹林のほうを見てないだろうね」



 酔っぱらいの体感時間など怪しいものだ。
 しばらくだとも思うし、ずいぶん経った気もする。



「ん……?」


 つまみを取ろうとした手が、空を切った。

 見ると、あれだけあったつまみがもう無くなっていた。
 主に食べたのは萃香だと思う。

 霖之助はそれほど食べた覚えがないのだから。
 ……おそらく、たぶん。


「もう随分呑んだみたいだな。
 ふむ……」
「物足りない?」
「少し、ね。
 たがこうも辛いものが続くと、たまには違ったものが食べたくなるよ」


 欲というのは尽きないものだ。
 先ほどまであんなに辛いものが食べたかったというのに。


「甘いものならあるよ」
「うん?」


 萃香の言葉に振り向いた瞬間、霖之助の唇に熱いものが押し当てられた。


「んむっ……?」
「ちゅ……あふ」


 柔らかいものが口内に侵入し、熱い液体……それから、小さく丸い、甘いものを押しつけてくる。

 やがてゆっくりとそれが離れると、彼女は月を見上げて言った。


「……日付はもう、変わっちゃったけど」


 萃香の顔が赤い。
 酒のせい……だけではないかも知れない。

 霖之助の口の中にあるのは、甘い甘い、チョコレートの味。


「こうすれば、本命か義理かなんてわからないよね」


 自らの口の周りについたチョコレートを、萃香はぺろりと舐め取る。


「ああ……確かに。
 どちらかはわからなかったね」


 見ることも出来なかった。
 だがこの際、どちらのチョコかなどそれこそ些細な問題ではないだろうか。


「だけどとびきり甘いチョコレートだったってことは、よくわかったよ」
「そっか。それはよかった。
 辛い酒には甘いものもいいよね」


 そう言って、萃香はふたりの杯に酒を注ぐ。


「ねぇ、霖之助」


 酒は、まだあるのだし。
 夜は、まだまだ長いのだし。

 ひょっとしたら、また甘いものが食べたくなるかも知れない。


「もうひとつチョコレート……どう?」

コメントの投稿

非公開コメント

よし、りんのすけと俺のポジションを脳内でチェンジ………ぬは~~んっ!!!!by読む程度の能力

No title

あまぁーい!
今更ながらバレンタイン特集をマラソン中。
こんなに可憐なスイカは見たことないぜ・・。
プロフィール

道草

Author:道草
霖之助がメインのSSサイト。
フラグを立てる話がメインなのでお気を付けください。
同好の士は大ウェルカムだよね。
リンクはフリーですが、ご一報いただけたら喜びます。

バナーはこちら。

<wasre☆hotmail.co.jp>
メールです。ご用のある方は☆を@に変えてご利用ください。

スカイプID<michi_kusa>

ついったー。

相方の代理でアップしてます。

同人誌情報
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。