FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインSS18

雛祭りだけに雛のバレンタインを。どういう理屈だって話ですね。
嬉しくなるとつい病んじゃうんだ。


霖之助 雛








「厄は天下の回りものね」
「……ふむ?」


 対面に座る厄神の言葉に、霖之助は首を傾げた。


「金は天下の回りもの、とは聞いたことがあるがね。
 厄もそうなのかい?」
「ええ、そうよ」


 ココアの入ったカップを置き……雛は頷く。

 妖怪の山の麓にある厄神様の家。
 霖之助は俗に言う『曰く付きの道具』の厄払いを頼みに、彼女を尋ねてきたのだった。

 もっとも、本当に危険で魅力的な道具の数々は、きちんと厳重に封印して非売品になっているのだが。
 ……それはともかく。


「人から人へ次々と移り渡る。
 今はなくてもいつか手に入ったり、今持っててもいつか無くなる。
 そういうものでしょ?」
「どちらもためすぎるとロクなことになりそうにはないね」


 雛の言葉に、霖之助は苦笑いを浮かべた。
 どちらのほうがたまりやすいかは……考えないようにしておく。


「それはそうね。
 だから私は回転させることで、厄がこれ以上回るのを防いでるのよ」
「なるほど、さすがは厄神様だ」


 感心する霖之助に、雛は頷く。
 ……しかしふと彼は首を傾げた。


「だけど金は貯まる人には一方的に貯まったりするじゃないか。
 ……僕もぜひそうなりたいところだが」
「あら、厄だってそうよ。
 厄を溜め込む体質の人っているわよね」


 言って……雛はじっと、霖之助を見つめる。


「……どうして僕を見るんだい」
「いえ別に。深い理由はないけど」


 ないと言われても気になってしまう。
 ……聞いても答えてくれそうにないので、霖之助は話題を変えることにした。


「でも今は回ってないじゃないか。
 ……大丈夫なのかい? その、なんと言うか」
「厄が回ってこないかって?
 大丈夫よ。私がいる限りはね。
 もっとも、厄を集めてるのも私なんだけど」


 彼女はそう言って笑うと、指をくるくると回した。
 歪んで見えるほどの厄が、見る見るうちに集まっていく。


「厄は厄を呼ぶ。
 溜まった厄は……固めてしまえばいいのよ。
 こんな風にね」


 凝縮された厄はやがて不思議な色合いの固まりへと姿を変える。
 雛はそれを宝石箱のようなものに大事に仕舞った。


「お金も金庫にしまって触らなければ減らないでしょう?」
「それはそうだが……同じ理屈でいいのかな」


 その答えは神のみぞ知る、だろうか。
 ……まあ、神がそう言うならそうなのかも知れない。


「さっきあなたの持ってきた道具たちの厄が、これ。
 人斬り包丁とか呪いの掛け軸とか……う~ん、ロクでもないわね、ほんと」


 何故だか嬉しそうに、彼女は笑う。


「持ってみる?」
「……やめておくよ」


 呪いの道具や人形くらいなら対処のしようもあるが、厄そのものでは手の打ちようがない。
 厄に触れて大丈夫なのは神くらいのものだ。


「あら、死にはしないわよ」


 可笑しそうに、彼女は厄玉を弄んでいた。


「死んだほうがマシ、って思うでしょうけど。
 そうそう簡単に楽にはさせてくれないわよ~」
「そいつはぞっとしない話だね。
 ……でも、死んだら厄から解放されるのかな」
「あら、どうしてそう思うの?」


 首を傾げる雛に、霖之助は苦笑を浮かべた。


「最近は随分簡単に冥界に行けるようになったみたいだからね」
「そうね。
 妖怪の山でも幽霊をよく見るわ。
 あと、刀を持ったのとか……」


 香霖堂にもよく幽霊が来たり半霊少女が来たりする。

 最近は冥界との結界が薄くなったらしい。
 さすがに彼岸まで行くことは出来ないようだが。


「この前天狗の新聞に冥界の記事が載ってたんだ。
 あれには驚いたな」
「ああそうそう、天狗と言えば」


 ぽん、と雛は手を叩いた。
 そのまま立ち上がり、棚から何かを取り出す。


「バレンタインって知ってるかしら」
「バレンタイン?
 知ってはいるが……」


 予想外の言葉に、霖之助は驚きの表情を浮かべた、
 ……まさかこんなところで聞くとは思わなかった。


「なんだか天狗が幻想郷に広めようとしててね。
 私のところにもきたのよ。
 バレンタインいりませんかって」


 霖之助はその光景を想像しようとして……何故か行商している文と椛が思い浮かび、慌てて打ち消した。
 まさかそんなはずもないだろう。

 ……たぶん。


「……それで、どうしたんだい?」
「別に、どうもしないけど」


 雛はひとつ笑うと、後ろ手に隠していたものを差し出してきた。


「せっかくだから、私も参加してみようと思って。
 はい、本命チョコよ」


 彼女から渡されたのは、大きなハートマークを象ったチョコレート。
 一見すると、随分立派なものに見える。

 しかし。


「……義理チョコ、と見えるね」
「あら、相変わらず便利な能力ね」
「それはどうも」


 そのチョコレートの名前は義理チョコ、と見えた。
 未知のアイテムの名前と用途がわかる程度の能力。


「でも、残念そうな顔してる」
「本命チョコと持ち上げられ、落とされればね」


 冗談交じりに……ため息混じりに、霖之助は呟いた。


「受け取ってくれるかしら」
「ああ、ありがたくね」
「……ありがとう」


 雛は微笑みながら、一歩ずつ……彼に近づく。


「しかしそれにしても、甘そうなチョコレートだね」
「あら、そうかしら」


 首を傾げる雛。
 いつの間にか、彼女は霖之助の目の前へとやって来ていた。


「私の本命は、とびきり苦いわよ」
「何が……んぐ」


 疑問を発した唇は、すべて言い終わる前に塞がれる。


「……ね?」


 ゆっくりと唇を離し……神は妖艶に微笑む。

 雛の身につけているリボン。
 霖之助はそれらに『本命』という名が付いているように見えた。









・おまけ。
 没にしたルート。


「ねえ、そのチョコレート、おいしいかしら?」


「そう。よかった。
 そうだ、ひとつ言ってなかったことがあるのだけど」


「固めた厄は、溶かし込むことも出来るのよ」


「……なに?
 大丈夫よ。
 私から離れなければ、何も問題ないわ……」









雛霖バレンタインのイメージを相方に描いて貰いました。
雛祭り_表

雛祭り_裏

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道草

Author:道草
霖之助がメインのSSサイト。
フラグを立てる話がメインなのでお気を付けください。
同好の士は大ウェルカムだよね。
リンクはフリーですが、ご一報いただけたら喜びます。

バナーはこちら。

<wasre☆hotmail.co.jp>
メールです。ご用のある方は☆を@に変えてご利用ください。

スカイプID<michi_kusa>

ついったー。

相方の代理でアップしてます。

同人誌情報
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。