FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘吐きの墓場 Bルート

yamotoさんと会話してたら出てきた小町霖ネタ、そのに。

ちょっとの受け答えの差で展開は大きく変わります。
そしてyamotoさんとの間を行ったり来たりしたら長さが倍くらいに。という監修済。


霖之助 小町









「酒が不味くなる」


 霖之助はそう言ってため息を吐いた。
 口に運ぼうとしていた盃を、コトリと戻す。

 その言葉に、彼の正面に座っていた少女……小町は驚いた声を上げた。


「あたい、そんなにひどい顔してたかい?」
「自分で気づかないなら深刻だ。
 ……何かあったか、聞いていいものかね」
「いや、大したことじゃないよ」
「とてもそうは見えないが……」


 首を振る小町に、霖之助は苦笑を漏らす。

 酒飲み仲間が心配事を抱えているなら、愚痴を聞くことくらい出来るだろう。
 たまにはそういう酒の席もいいと思う。

 ……次の時にまで持ち越されても困るわけだし。


「あたい、今度結婚することになりそうでさ」
「…………」


 おめでとうと言っていいものか、霖之助は逡巡していた。
 そんな彼の様子を察してか、小町があわてた声を上げる。


「あ、いやいや。
 まだ見合いを勧められただけなんだけど」
「見合い……。
 なんでまた、そんなことに?」
「映姫様がね」


 自分の上司のことだからだろうか。
 彼女はなにやら言いにくそうに言葉を濁す。


「なんて言えばいいのかね……その」


 やがて言葉を選び……ただ一言。


「見合い写真を、山ほど」
「ああ、なるほど」


 それだけで理解できてしまった。


「その気持ちはよくわかるよ。
 ……僕もね」
「旦那もかい?」


 小町が疲れた笑いを浮かべる。
 霖之助はその表情に応えるように、棚の隅へと目をやった。

 あそこには見合い写真の山が大量に押し込まれている。
 見もせずに。

 どれも映姫が持ってきたものだ。
 曰く、所帯を持つことが貴方に出来る善行です、らしい。


「100%善意だから、余計きついんだよねぇ」
「断っても聞かないしな……」


 揃ってため息を吐くふたり。
 そしてふと、霖之助は疑問を口にした。


「しかし候補はどんな顔ぶれなんだい?」
「気になるのかい?」
「ああ、どんな物好き……いや」


 コホン、と咳払い。

 小町はしばらく半眼で睨んでいたが……。
 はぁ、と吐息を漏らし、苦笑を浮かべた。


「十王の縁者らしいんだけど。
 よく見てないからわからないよ」


 そのあたり、霖之助と同じようだ。
 なんと言うか……遠い言葉なのだ。見合いも、結婚も。


「なんかね、元々閻魔様に話が行ったみたいなんだけど、
 それをそのままこっちにスルッと」
「……なるほど」
「パワハラもいいとこだよ、まったく」


 憤慨する小町に、霖之助は肩を竦める。

 しかしまあ、ようやくいつもの小町らしくなってきたので一安心だ。
 ……こう言うと彼女は怒るかもしれないが。


「独身の部下で最年長が貴方なのです。
 見合いを受け、今の生活に節目をつけること。
 それが今の貴方にできる善行です。
 ……だってさ。酷いよね」


 唇を尖らせ、小町が漏らす。
 宴会芸にも使えそうなな物真似だった。
 長い付き合いの賜かもしれない。


「しかし十王の縁者ともなると、それなりの地位にあるものばかりじゃないのかい?
 だとしたら、かなりの出世とも言えるんじゃ……」
「あー……。
 確かに出世かもしれないけどさ。
 今の仕事を辞める気はないし……それに」


 そこまで言って、彼女は少しだけ照れたような笑みを浮かべた。


「結婚したら、旦那とこうやって飲む事も出来なくなりそうだしねぇ。
 それはもったいないかなって」
「……そうか」


 長く、息を吐く霖之助。


「だったら正直気乗りしないが。僕から映姫に直接言ってみようか」


 あの頭の固い閻魔のことである。
 恐らく一筋縄でいくとは思えない。


「手立てはいくつか思いついている。
 うまく行くという保証は出来ないが、やるだけのことはやってみよう。
 小町は結婚に興味ないみたいだから、この話をどうにかご破算に──」
「え……いや待ってって」


 手筈を伝えようとした矢先、小町が言葉を挟む。
 不快そうに口元を歪めて。


「どうしたんだ急に……話はまだ」
「旦那ひとりで何勝手に決めてんのさ。あたいの話は?」
「先程から厭そうだったじゃないか。だから僕は……」
「厭だなんて言ってないだろ? 旦那勝手に話し進めすぎ」


 ……言われて思い返せば、確かに性急だったかもしれない。


「………そうだったか、な」


 霖之助の歯切れは悪い。
 そこにたたみかけるように小町は続ける。


「旦那が思いこむのはいいけど、あたいの考えも聞いてよ。
 ひとっことも話聞かないでさ。なんで勝手にこうするべきだとか決めるの?」


 話を遮られるのは苦手であった。

 が、それ以上に何故か焦りもあった。
 胸中にあるのは黒いもやのような何かが。

 小町が見合いをすると聞いてから、ずっと。


 だから、それは無意識に口をついて出た。


「だったら受ければいいだろうに」


 ──ダン、と大きな音がしたと思ったときには、最早手遅れだった。


「ああそう! じゃそうするよ! じゃあね!」
「あ、おい。小町」
「アンタに相談したあたいが馬鹿だったってことさ! さよなら!」
「待て……! 僕が……」


 手を伸ばし肩を掴む。

 しかし瞬間、パン、と大きな音がひとつ。
 遅れて頬に痺れが走り、じわりと熱を持ってきた。


「……ばか……っ」


 その小さくて、かすれたような言葉と。目元に滲むものを見たとき。


 彼は思い知らされる。
 彼女の欲しい言葉は──もっと別の物だったのだと。


 それ故に、大事な呑み友達を失ってしまったのだと。


 ただ、わからなかった。
 彼女がどんな言葉を欲していたのか。


 ずっと考えても、それはわからぬままだった。









 小町と別れて数日が経過していたが、何も手につかない状態が続いていた。
 商売をする気も失せていた。

 こうして店番をしているのも、もしかすると気の変わった小町が姿を見せるかも知れない。
 そんな期待をしてのことに過ぎなかった。


 ただし戻ってきたとしても、何を言ったらいいのか。
 それはまだわかってなかった。

 どうせすぐに気にならなくなるだろう。
 そう自分に言い聞かせるものの、心の曇りは未だ晴れぬままだったのだ。

 それ故気づかなかった。
 店に映姫が姿を見せていたことも。


「いらっしゃいませ、の言葉がありませんが。
 真面目に商売をする気があるのでしょうか」
「今日はないよ。帰ってくれないか」


 この件は彼女が発端と言えば発端だ。
 突き放す理由にはなると、自らに言い聞かせるが。

 もちろん、彼女はそんなことで動じるようなタイプではない。


「用が済めば帰ります。忘れていませんか?」
「なにをかな」


 その言葉に映姫は怒ることもなく、寧ろ笑みを持って答えた。


「やはり忘れていますね。貴方に持ってきた見合いの話ですよ」
「ああ……それか」


 聞きたくもない話題だ。
 霖之助は話に割く意識の割合を減らすことにした。


「……その棚の中に入っているから持って帰ってくれ」
「呆れた。
 その様子だと開いてもいないようですね」
「どうだったかな。覚えていない」


 ――本当に仕方のない。

 ため息混じりの声が聞こえた気がした。
 しかしまあ、どうでもいいことだ。


「もうそろそろ、話を向こうに伝えないとなりません。
 とはいえ目を通してないなら仕方ないですね。
 私が勝手に選ばせて貰いますよ」
「好きにしてくれ」


 正直今はそんなことを考えるなんて出来そうにもないのだから。


「相手の希望はありますか?」


 ――特にない。

 と、口にしようとして顔を上げた。
 真面目な顔をして此方を見ているこの閻魔に、何を期待したのか。


 その顔を少し歪めてやろうと思った。そんな子供じみた理由だったのかもしれない。
 そうして彼は、ひとつの条件を付けることにした。


「なら、その中で一番胸の大きな相手を」


 何を馬鹿なことをを言っているのか。
 真面目に言いなさい。
 貴方は人の話を聞く気があるのですか。

 幾つかの言葉が彼の頭の中に想定される。
 しかし現実の彼女は怒らなかったし、笑いもしなかった。


「わかりました。その条件で選んでおきます。だから……」

 ──ちゃんと覚えておくように。自分が言ったその言葉を。


 その言葉だけを残し、彼女は写真を持って引き上げていった。

 怒るでもなく、諭すでもなく。
 ただ、あるがままの言葉だった。


 故に、深く胸に突き刺さる。


「……自分の言った言葉を、か」


 それならもう、厭と言うほど実感しているのに。


 はあ、と机に突っ伏し、ため息を深く深く吐き出す。

 身体の真ん中に埋まっていたピースが抜け落ちて大穴が空いている。
 しばらくそれは、埋まりそうもなかった。









「遅刻はしなかったようですね。珍しく」
「急用を思いつかなかっただけだ」


 三途の川近くの茶屋の前。
 約束の時間よりやや早めについた彼を、映姫が出迎えていた。

 映姫の服装はいつものもの。
 見る者を視覚的に威圧する、あの裁判長としてのものである。


(一種軍服の様な者だから正装と言えなくもないのか……それとも私服という概念がないのか。
 どっちにしろ──まともとは言えないな)


「何か?」
「いや、何も」


 そうですか、と言葉を返して彼女は霖之助を見上げる。


 モダンという言葉が似合う、シックな色合いの西洋礼服。
 靴墨で磨かれた革靴。
 髪型も、いつもの鳥の巣の様な頭ではなく、しっかりと櫛が通されて整っている。

 それらを一通り見渡すと、映姫は満足げに目を細める。

 
「それなりの恰好を、と言いましたが。合格ですね」
「それはどうも。安くは見られないようにしてみたよ」
「宜しい。では案内しますね」

 そうして彼は映姫の先導に従って、茶屋の中に入っていった。





 流石は閻魔が選ぶ様な店である。
 外側からは質素に見えるものの、内装の造りの良さ、そしてそこから伝わる風格は
この店の年期が百年を優に超えることを示していた。

 個室を複数持っており、広さも申し分ない。

 もしかすると、この店は是非曲直庁の御用達なのかも知れない。
 そんな推測を立てる余裕が、霖之助にあった。


 ……この時点で半分開き直っていたともいえる。


 小町に対しての失言は、取り返しのつかないことである。
 だが、それはもう過ぎてしまったことだった。

 彼女にいつか会えたら、あの時はすまなかったと謝ろう。
 それが何十年先であったとしても。

 そう決め、悔やむことをやめた。


 欠けたピースは未だ見つからないが、いつか埋まることを信じて。
 その時が少しでも早く来る様、歩くことにしたのである。


「この間よりはだいぶ良い顔をしていますね。悩みは晴れましたか?」
「わかっていて黙っていたのか。酷い性格をしているな」
「何を言っても聞かない様子だったのは誰でしたか?」


 そんな言葉に霖之助はため息で答える。

 お手上げというやつだ。

 何もかもがお見通し、そう思わせる様な態度。
 彼が映姫を苦手とする理由のひとつであった。


「それでは私が紹介しますので。後はしっかりやる様に」
「心得ている。子供じゃないんだ」
「はいはい」


 個室の襖を前にそう言葉を交わし。



 ・・
「小町。入りますよ」



 ──は?


 映姫の口から出た言葉に、霖之助の思考は停止した。

 その間にも映姫は動き、襖を開けて──

 そこには、見慣れた赤い髪の少女が、見慣れない煌びやかな振り袖を纏い。


「こちら、香霖堂店主の森近霖之助さんです」 


 同じく鳩が豆鉄砲を食らった様な顔になって、入ってきたふたりを見上げていた。


「え……えっ、だ、旦那?」
「……小町……なのか? どうして此処に」


 そんな様子に、とうとうこらえきれず、ぷっと映姫が吹き出す。


「どうやらびっくり作戦は成功したみたいですね。
 やっっっっと……溜飲が下がりましたよ」


 勝ち誇っていた。 
 どう見ても勝ち誇っていた。

 閻魔にあるまじき見事な騙し討ちであった。


「映姫様! こりゃいったいどういうことですか!」
「そうだ。納得のいく説明を……」
「お黙りなさい!」


 ぴしゃり、と容赦なく彼女は言い放つ。
 三千里先にも届くと言われる閻魔の鋭い一喝に、思わずふたりはその場に正座をすること
となってしまった。


「あれだけ準備にいそしんだ私の苦労を無にするかのような所行。
 密かに天狗に頼んで写真まで用意したというのに、
 まったく見てなかった貴方達にそれを言う権利があると思うのですか」
「いやそれは確かに……」
「その通りですけど……」


 撮られた記憶が全くないのに、何時撮ったのか。
 それを聞き返す勇気はふたりにはなかった。


「無論喜んで貰おうとした私の行動が裏目に出たのは、確かですけどね」
「だったら最初から言ってくださいよ、それ」
「私なりのサプライズですよ」

 
 堅物、真面目、頑固。
 閻魔の掲げるべきイメージが今音を立て崩れ、砂となって消えていっている。


「だったら最初から、相手はひとりだったのか……」


 息を吐き、今までの気苦労を振り返って、踊らされていたのだと思う霖之助。
 しかし、映姫の言葉は違っていた。


「いいえ。見合い話をいくつも受けていたのは本当ですよ。
 小町にも貴方にも希望者は他に居たのです」
「写真を見てないから言えるが……本当なのか?」


 実際にそんな物好きが居たというのか。


「貴方の場合はそうですね。あの時出した条件で言うと、該当者が他に一名」
「……それは?」
「風見幽香です」


 向日葵の丘の女帝の笑みが脳裏をよぎる。

 それは死ぬ。
 言うまでもなく死ぬ。

 自分の選択が綱渡りだったことに肝を大いに冷やし、この見合いで良かったと胸をなで下ろした。


「ちなみに小町の条件は、その中で性格が一番面白いの、だそうで。
 それはもう迷うことなく、貴方を」
「……それはどうも」


 こういう場合、感謝するべきなのだろうか。
 小町の選んだ条件に合致した幸運と、あとはこの迷惑な閻魔様の気遣いに。


「では、あとは若い者同士で」


 それを告げる暇もなく、ススス、と映姫は襖の向こうに姿を消す。
 しっかりやりなさい、と言葉が続いていた気がした。





 機会は与えられた。
 しかし、これはこれで気まずいものである。

 なにせ喧嘩別れをした後、さほどの間も空いていないのだ。

 いつかはあの時のことを謝ろう。出会ったときは素直になろう。
 そう心には決めていたとしても、こうもあっさりそれが叶えられると話は全く変わってくる。


 思いと言葉は引っ込み、気まずさと迷いが積み重なるのは当然の理であった。


(参った……何から話せばいいのかわからなくなってしまった)


 最適解を探しあぐね、言葉は埋没しようとしている。
 それに抗するように、霖之助は答えをひとつ掴み取った。


「少し歩かないか?」
「……うん。そうだね」


 小町はしおらしく頷き、従う。
 また距離は空いたままのようだった。





 茶屋の縁側に出て、中庭に降りる。
 三歩後ろに、小町が続く。

 しばし無言で歩くふたり。
 ……ややあって、霖之助は口を開く。


「……馬子にも衣装だね」
「一言多い。素直に褒めたらどうだい」
「厭だ」
「ひねくれもの。あたいだって女の子だよ?」
「凄く綺麗だ。持って帰っていいかい?」
「……っ! それ、ずるい……」


 後ろにいる小町の表情は見えなかったが……。
 なんとなく、霖之助は満足感を得ていた。

 ならば、と。
 あの時言えなかった言葉を、今口に出す。


「あの時はすまなかった。
 小町の気持ちも考えずに一方的にものを言ってしまっていた」
「ああ……あれね。あれか……うーん」


 何か言いづらそうにしてるが、霖之助は構わず続けることにした。


「浅慮という他ない。
 今にして思えば、あの時の気持ちは、助力になりたかったと言うよりも
 ……手放したく無かっただけだったんだな。居心地のいい時間を」


 だから手助けではなく、ひとりで動いて壊そうとした。


「ふふっ」
「……小町?」
「だったらいいや。
 ホントはいろいろ言いたいことが一杯あったけどさ」


 さっぱりした声で、小町が言う。
 きっと笑っていることだろう。


「どうして言葉通りに受け取るんだとか。
 あたいの気持ちをちっともわかってくれないとか。
 なんで真面目な話してるのに茶化したりするのかとか。
 ……旦那にあたいが結婚に興味ないと思われてるとか……。

 ……あ、そうだ!。
 ふたりで呑んでるのに、なんで他の女の名前が出るのかとか。
 考え事に夢中になって、あたいの話を生返事で返したこともあったね。
 それに見合いの希望者ってなにさ。風見幽香って。
 なんであんなお偉いさんに興味もたれてるわけ?」
「結局言ってるじゃないか……しかも風見幽香の件はまったく心当たりがない話だ。
 どうしてそこを根に持つんだ。わからないな」
「女の子はそういうモンなの。
 あたいだって……女の子なんだよ?」


 やれやれ、と肩を竦める霖之助。


「ねえ、旦那」
「ん?」


 小町に呼ばれ、そこで初めて霖之助は振り向いた。
 改めて見ると……小町の姿は、やはり綺麗だった。


「映姫様の組んだ見合いって、成功率高いんだって」
「そうか」
「あたい、黒星付けようと思ってきたんだけどさ」
「……僕もだよ。
 最初はね」


 だがしかし。
 パズルのピースが手に届く位置にあるのなら。


「今はどうだい?」
「持って帰っていいかい?」
「……もう、ばか」


 小町は顔を赤らめ、目を逸らした。

 霖之助は肩を竦め、小町と並んで縁側に腰を下ろす。

 ……なんだか、満ち足りた気分だった。
 胸にぽっかりと空いていた穴が、埋まったかのように。


 これでまた、あの関係に戻れるかもしれない。
 そう思った矢先……小町がくるりと振り向いた。


「ところで旦那」
「ん?」


 彼女は笑っていた。
 ただし、目は笑っていなかったが。


「聞き忘れたけどさ。
 候補に挙がったもうひとりは風見幽香だって、映姫様は言ったよね」
「ああ。そう言ってたね」
「……旦那の出した条件って、なんだったんだい?」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それはもちろん胸がおおk(ピチューン

No title

今ちょうどよく霖之助に胸でご奉仕する小町が話題になってて吹いた

No title

おっp

No title

幽香だった場合が場合がすごくみたい。そして妄想が止まらない。
プロフィール

道草

Author:道草
霖之助がメインのSSサイト。
フラグを立てる話がメインなのでお気を付けください。
同好の士は大ウェルカムだよね。
リンクはフリーですが、ご一報いただけたら喜びます。

バナーはこちら。

<wasre☆hotmail.co.jp>
メールです。ご用のある方は☆を@に変えてご利用ください。

スカイプID<michi_kusa>

ついったー。

相方の代理でアップしてます。

同人誌情報
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。