FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月昇夜 魔理沙ルート

と言うわけで魔理沙ルート。
暇があったらまた何か……あるんだろうかw


霖之助 霊夢 魔理沙 咲夜









1日目・昼(共通)
 背景:地獄・執務室


「すみません、手違いで貴方を死なせてしまいました」


 冥界で映姫から告げられた霖之助は、思わず言葉を失った。

 気が付いた時には閻魔の前に立たされていた。
 さっきまで、ただ香霖堂で本を読んでいただけだというのに。


「本来なら貴方ではなく、暑さで貴方のストーブが壊れるはずだったのですが……おかしいですね」


 そう言って映姫は手元に置いてあった袋から錠剤を取り出し、口に放り込んだ。
 そして水も使わず飲み込む。


「貴方も飲みます?」
「……なんだい、それは」
「ミネラルサプリメントです。銅とかも入ってるんですよ」


 ……そういえば閻魔は人を裁く時、煮えた銅を飲むという。
 地獄のスリム化は、こんなところにまで影響を及ぼしているようだ。


「結構だ」
「そうですか」


 映姫はさしたる感情も見せず、口に何かをくわえた。
 煙草……ではない。スティックタイプの飴のようだ。
 事務職とはいえ疲労が溜まる……のだろうか。

 もちろんそんな事は霖之助にとってどうでもいい。


「で、僕はどうなる?」
「今回の非は完全にこちらにありますからね。もちろん復活してもらいます」
「そうか、ならすぐに頼む」
「ただし、次の半月まで待ってもらわなければなりません」


 疑問の視線を投げかける霖之助に、映姫はきっぱりと答えた。


「復活の儀式というものは繊細なものなのですよ。
 ましてや貴方は妖怪でも人間でもないのですから」


 『閻魔』としての顔の映姫は、身震いするような威厳に満ちあふれている。
 だからこそ、言葉に説得力がある。
 まるで、有無を言わさぬ判決のように。

 次の半月……下弦の月まであと10日ほどあった。
 それまでこの状態が続くという事だ。

 まあ、ただ我慢すればいいなら問題ない気きもする。
 その間、香霖堂で商売が出来ないだけが心残りだが……。


「そして貴方はその時までに善行を積まなければなりません」
「善行? 僕がかい?」
「はい。ごく簡単なものです。客観的に見れば」


 彼女はそう言うと、霖之助を安心させるように微笑んだ。

 映姫の少女としての顔。
 先ほどまでの重圧が霧散する。


「まだ時間もありますし、しばらくはゆっくりと幻想郷を見て回ってみてはどうでしょうか?
 普段とは違う景色が見られると思います。今の貴方は、普通の人妖には姿は見えませんから。
 あ、でもイタズラしてはダメですよ。地獄行きです」
「しないよ、そんなことは……」


 だが普段と違う幻想郷という言葉に魅力を感じるのも事実。
 これも歴史の1ページに載せる価値があるかもしれない。


「そうそう……」


 思い出したように、閻魔が呟く。


「貴方の身体ですが、現在仮死状態にあります。
 簡易結界を張っておきましたので腐ったりする事はないと思いますが……。
 まかり間違って火葬されないように手を打っておかないといけませんね」
「早く言ってくれ……すぐに伝えてくる。書き置きでも残しておけば……」
「もうひとつ」


 彼女の強い声が、歩き出そうとした霖之助を遮った。


「顕界のものに触れたりする事は出来ませんよ。貴方は今、魂だけの存在ですから。
 それにその状態でこの冥界から離れると迷ってしまい、自我が無くなるまで戻っては来られないでしょう」
「なら、どうすればいい?」
「小町と一緒に行動してください。
 曲がりなりにも彼女は死神ですからね。……曲がり過ぎてますけど。
 行動にさえ気をつけていただければ気楽にしてくれて結構です」


 本当は動かないのが一番なのですが、とため息。
 非は映姫たちにあるため、行動を制限する権利はないということか。


「だいたいの事はわかった。しかし善行を積むのはいいんだが、それはどのようなものだい?
 土壇場に無理だと言われてもどうしようもないからね」
「あら、眠りから覚める方法と言ったら決まっているでしょう?」
「……?」


 映姫の言葉に、しかし首を傾げる霖之助。


「……まあ、気づくとは思いませんでしたけど」


 こめかみを押さえ、ため息。
 そして再び錠剤を飲む。
 きっとカルシウムもたっぷり配合されているのだろう。


「半分の月が昇る夜に、誰か……貴方の事を想っている相手に、貴方の肉体に口付けをしてもらう事です。
 そしてその相手を選ぶ事が貴方に積める唯一の善行」
「な……」


 反論しようとして……映姫の目に、何も言えなくなる。
 閻魔が冗談でこのような事を言うはずがない。


「わかったらお行きなさい。小町は外で待たせてあります」


 映姫は手元の書類に目を落とし……ややあって口を開いた。


「……もし貴方がどうしてもというのなら……。
 その、私が……」
「おーい、旦那ー。暇だったんで迎えに来たよー」
「…………」


 声に顔を上げると、既に遠くを歩く霖之助の後ろ姿。


「どうしたんですか、閻魔様。鬼みたいな表情をされて」





 そんな彼女の元に、転生申込書類を携えた阿求がやってきた。


「なんでもありません。転生の手続きですね、すぐに取りかかります」
「それより閻魔様」


 ずいっと阿求は映姫に詰め寄り、視線を合わせた。
 それから……ニヤリと笑う。


「……なにやら面白い話をしてましたね?」







 背景:三途の川中・昼


「旦那も災難だねぇ」


 小町の操る船に揺られながら、霖之助は顕界へと向かっていた。
 来る時には乗った覚えがないのだが……それだけ緊急に連れてこられたと言う事だろうか。


「決まった事に文句を言っても仕方ないからね。なるようになると思うよ。
 それより、この事を誰かに伝えるにはどうしたらいいんだい?」
「ああ、それは夢枕に立てばいいのさ」
「夢枕? と言うと、あの……」
「そう、寝ている相手のところに行ってね」


 つまりそれは寝室に入らなければいけないという事だ。

(地獄行きです♪)

 ……悔悟棒を手に笑顔で迫る閻魔の姿が目に浮かぶ。


「しっかし旦那、死んだってのに余裕だねぇ」
「さぁね。少なくとも悲観はしていないよ」
「ふ~ん。あ、さては誰かに当てがあるとか? ニクいね」
「そうだね……見つからなかったら君に頼もうかな、小町」


 実際、楽観視しているのは単に失敗してももうひと月待てばいいだけだ、と言う理由からなのだが。
 外に出られるなら、拾えないにしても無縁塚で道具のチェックは出来るだろう。


「え?」


 小町は霖之助の言葉に動きを止めると、しばし考え込んだ。


「そんなもののついでみたいな頼み方じゃダメだね」
「はは、考えておくよ……」







 背景:香霖堂・外・昼


 香霖堂の前に三つの人影があった。
 ひとつは紅白、ひとつは白黒、もうひとつはメイド。


「こーりーん」
「……おかしいわね。全然反応がないわ」
「出かけてるんじゃないですか?」
「それはないわね」
「出かけてるならちゃんと私たちにもわかるようにしていくはずだぜ。
 ……その、いない時にツケが増える真似をするなって怒られたことあるからな」
「……そうね」


 妙なところで律儀な霊夢たちに、咲夜は心の中で微笑んだ。
 香霖堂からものを借りたりするのは彼女たちにとって、ただ道具のためだけではないのだろう。


「困ったわね、このままではお嬢様のお使いが……」
「まったくだぜ、いないならいないでどこに行くか書いておいてもらわないと」


 咲夜はお使い。
 魔理沙はいつもの暇つぶし。
 霊夢は……何か胸騒ぎがしたのでここに集まっていた。


「おや、お姉さんたち。おそろいで何やってんの」


 ふと、そんな三人に声をかける少女がいた。
 猫耳に猫車。
 期待一杯、といった満面の笑みで近づいてくる。


「お前は……地底の泥棒猫!」
「ひどいなー。落ちてる死体を片付けてやってるのにー」


 大して気にしていない様子で、お燐が笑う。


「……貴方、なんでここに?」


 霊夢が強い視線で睨み付けた。
 その様子に咲夜が首を傾げる。


「この辺からあたい好みの匂いがしてさー。確かめに来たってわけですよ」


 お燐の言葉に、顔を見合わせる三人。


「まさか……」
「……!!」


 言葉を発するより行動のほうが早かった。
 次の瞬間には、香霖堂の扉が吹き飛んでいた。


「…………」
「嘘だろ?」
「まさか」


 一同が見たのは倒れた霖之助の姿。


(あちゃー、遅かった)
(君が寄り道なんかしてるからだろう。こんな時にサボらなくても……。
 いや、のんきに構えてる暇はないぞ。早くあの三人を止めてくれ。店が破壊されてしまう)
(そうは言っても旦那のサポートをしてる限り、あたいもあの娘らと直接話しちゃいけないんだよ。死者が口をきいていいのはお盆と冥界の中だけだからね)
(なんだと)


 このままでは騒ぎが大きくなり、おそらく香霖堂は全壊。
 明日の新聞の一面が容易に想像出来た・


「香霖……?」
「…………」
「…………」


 霊夢と咲夜が見守る中、魔理沙が霖之助に触れた瞬間。


「そこまでです!」


 周囲を黒服を着た男たちが取り囲んだ。
 その中心にいるのは、稗田阿求その人である。


「この場は稗田が預かります。
 無駄な抵抗はやめて大人しくしなさい!」







 背景:稗田家・室内・昼


「さて、結論から言うと霖之助さんは死んでません」


 阿求の言葉で、一同に安堵が広まった。
 ……ひとりを除いて。


(おーおー。よかったね、旦那。みんな安心してるよ)
(…………)


 ……突然の事なので稗田の屋敷まで慌てて付いてきたのだが、何となく気恥ずかしい。
 本人たちもまさか霖之助が見ているとは思っていないはずだ。


「詳しくは言えませんが……霖之助さんは現在復活の儀式の最中なのです」


(なんで阿求が知ってるんだ?)
(旦那が映姫様のところに行ったろ? そのすぐあとにあたいが運んだから……)


 立ち聞きしてた、ということか。
 意外に腹黒い……。
 いや、元々だったかもしれない。

 しかしそうするとどうやってこっち側に渡ってきたのだろう……と思い、すぐに考え直す。
 誰かに運んでもらえばいいだけの話だ。
 妖夢たち冥界の住人が船を使っているなんて聞いた事がない。

 阿求の場合……おそらく映姫直々に運んでもらったのだろう。


(しかし生者に言ってもよかったかな……? ……まあ、いいや)


 首を捻る小町だったが、あっさりと思考を放棄する。


(稗田のは普通に生きてるとは言い難いし、問題ないか。そもそも転生も似たようなものだし)
(それでいいのか、地獄のシステム……)


 頭を抱える霖之助。
 ちゃんと復活出来るか心配になってきた。


「というわけで」


 どうやらあちらの説明も済んだらしい。
 あまり聞いていなかったが、ちゃんと説明していた……と信じよう。


「霖之助さんが復活するまで体はここで預かります」
「えー」


 不満そうな声を上げるお燐。
 皆の鋭い視線が彼女を睨むがどこ吹く風だ。


「幸い結界を張り直したりする必要はなさそうなのですが……。
 だからといってあなたたちがずっと見るわけにもいかないでしょう?
 こういうのも居る事ですし」
「私は別に、それでも……」
「そ、そうよね」


 霊夢と魔理沙が言いかけるが、阿求が眉を跳ね上げる。


「いいですね」


 無言のプレッシャー。
 霊夢は金銭的な援助が、魔理沙は実家の事があるため強く出にくい。


「あの。紅魔館ならもっと安全に……」
「もう決めた事です」
「……横暴です」


 まだ不服そうな三人に、阿求は近くに置いてあった袋をたぐり寄せる。


「……そうそう。霖之助さんの死因ですが。
 疑惑の深いものが出てきました」


 阿求は三人を一瞥すると、三本の筒を取り出した。


「あなたたち、これに見覚えはありますよね。
 これらのどれかが……霖之助さんの死因」


 言った瞬間、三人の表情がこわばる。
 ……かもしれません、とこっそり阿求が付け加えたのを聞いたのは、霖之助だったかもしれない。


「そうですよね、霖之助さん?」


 阿求が虚空に向かって声を上げる。
 それを合図に三人は弾かれたように顔を上げた。
 見渡す……が、生身の人間に霖之助を見る事は出来ない。

 なるほど、かなり細かいところまで阿求は映姫から聞いているようだ。

 ……確かにあれは香霖堂にあったものだ。
 赤い筒は霊夢が持ってきた……いや、捨てていった緑茶。
 黒い筒は魔理沙が持ってきたきのこスープの素。
 青い筒は咲夜が持ってきた紅茶が入っていた。

 あの時、どれかを飲もうとして……。

 しかし、毒などではなかったはずなのだが。
 それはちゃんと確認した。

 ……映姫の言うとおり、何か予想外のものが紛れていたのだろうが。


「まあ、返事しても私たちには聞こえないんですけど」


 阿求は肩を竦めて、三人に向き直る。


「とにかく、近いうちになにかしらの連絡があると思います。
 それまで大人しくしておくべきですね」


 渋々了承、と言った様子の三人。
 会議はこれで終了のようだった。


(旦那、そうなのかい?)
(覚えてないんだ。なにか飲もうと思ったのは確かなんだが……)


 死んだ時のショックだろうか、綺麗に記憶が抜け落ちていた。


(まあ、生き返るなら些細なことだよ)
(……旦那、長く生きてると生死の境界も曖昧になるのかい?)
(君に言われたくないな……)


 違いない、と微笑む小町。
 しかしふと、表情を真剣なものに戻す。


(あの娘たちには、結構大問題みたいだったようだけどね)


 去っていくそれぞれの背中を見送る。

 ……いつもより、小さく見えた。
 もしかしたら自分が……とでも思っているのだろうか。


(本当にあれが死因かもわからないのに)


 むしろあの場を収めるための阿求の嘘だった可能性もある。
 ……本人に確認しても、正直に話してくれるとは思えないが。


(で?)
(うん?)
(誰の夢枕に立つんだい?)
(そうだな――)



1.霊夢
2.魔理沙
3.咲夜









→魔理沙
 背景:香霖堂・外・夜


「魔理沙かい?」
「ああ、付き合いも長いしね。生き返る事はわかってるんだからあっけらかんとしてそうだが、一応伝えておきたくてね」
「はぁ……わかってないねぇ……」


 呆れた表情の小町に、霖之助は首を傾げた。


 しかし魂の状態というのは存外に便利なものだ。
 束縛されるものが無く、自由に飛んでいける。
 もちろん小町のサポートあってのものなのだろうが……。

 飛行の魔術を覚えていたらこんな感じなのだろうか。
 地上は地上で乙なものなのだが、少し惹かれるものがあった。


 背景:霧雨邸・外・夜


「……暗いね」
「もう寝てるのかな?」


 魔法の森にある霧雨魔法店は真っ暗だった。
 壁をすり抜け、魔理沙の部屋へ身体を滑り込ませる。


 背景:霧雨邸・中・夜


 ベッドには誰もいない。
 部屋を見渡してみると……机に突っ伏して眠る魔理沙の姿があった。
 頬には涙の跡。
 どうやら泣き疲れて眠ってしまったらしい。


「やれやれ、かわいそうに。誰かさんはこんなに気楽なのにね」
「……こうやって会いに来たんだからいいだろう」


 少し予想外だったのもあって、上手く言葉が出てこない。
 何より……あまり魔理沙の泣き顔は見たくない。


「それで、どうすればいいんだ?」
「ああ、近くに立って意識を合わせようとするだけさ。
 あとはこっちでサポートするよ」
「そうか」


 霖之助は魔理沙の側に立つと瞳を閉じた。
 意識のチャンネルが切り替わるような感覚。


 背景:黒


 ……真っ暗な霧の中にいた。
 何も見えない。
 先が見えない。


「ぅう……ひっく……」


 その中で、夢の中でも魔理沙は泣いていた。


「…………」


 一瞬、声をかけるか躊躇う。
 言いようのない後悔。


「魔理沙」
「こう……りん……?」


 霖之助の声に、魔理沙ははっと顔を上げた。


「香霖!」


 抱きつこうとする……が、そのまますり抜ける。
 生者と死者。
 夢の中だというのにどうにもならない現実。


「香霖……やっぱり……」


 再び泣き崩れる魔理沙に、霖之助はかける言葉を見つける事が出来なかった。

 出来るのは、ただ側にいる事だけ。
 霖之助は頭を撫でてやる事も出来ない現状に、焦りにも似た感覚を覚え始めていた。








2日目・昼(共通)
 背景:香霖堂・室内・昼


「結局肝心な事は伝えられなかったねぇ」
「……ああ」


 小町の言葉に、霖之助は肩を落とした。
 自分の死というものが考えていたより少女たちに影響を与えているのを見て、認識を改めざるを得なかったのだ。

 予想ではもっとこう……
「おお店主よ、死んでしまうとは情けない」
 と言われるくらいだろうと、簡単に考えていたのだが。

 霖之助は山の神に教えてもらった外の世界の遊技を思い出しつつ、小町に向き直った。


「なに、まだ復活まで時間がある。今日伝えればいいさ」
「……ま、そう言うことにしておこうか」


 含みのある表情で笑う小町に霖之助は視線を背ける。

 魂の状態で見る香霖堂は、いつもと変わらない。
 客のいない店。
 違うのは、店主もいないということだけだ。


「何か言いたいことがあるようだね、小町」
「べっつにー。旦那も少しは自分の立場というものがわかってきたかなと思っただけさ」
「…………」


 反論できないので、霖之助は別の角度から反撃することにした。


「そもそもの原因は君たちのせいだろう」
「いや全くその通り。悪いと思ってるよ。思ってるからこうして一緒にいるんじゃないか」


 小町は全く悪びれた様子もなく、ニヤリと笑う。
 むしろ小町が一緒にいるのは仕事をサボりたいがためだと思っていたのだが。


「ね、旦那。野暮なことは言わないけどさ。旦那はあの娘たちにとって大事な場所なんだよ、きっと。
 お? あたい今いいこと言った?」
「……その一言で台無しだがね」
「あちゃー、そっか」


 おどける小町に、何となくふたりで笑い合う。
 これも小町の気遣いかもしれない。
 霖之助は先ほどまでの暗澹たる気分をとりあえず置いておくことにした。


「旦那は必ず復活できるんだから、暗い顔は似合わないよ」
「ありがとう、小町」
「いいってことさ」


 照れたように顔を染める小町。
 霖之助が口を開こうとしたとき、玄関のカウベルが音を立てた。


「……誰かいたような気がしたけど……気のせいか……」


 やってきたのは魔理沙だった。
 少し俯いた様子で、いつもの指定席である壺に腰掛け足をぶらぶらさせる。


(魔理沙……)
(聞こえないよ、旦那)


 言われなくてもわかっている。それでも呼びかけずにはいられない。
 大事な場所。
 その意味が、少しわかった気がした。


(声をかけることも出来ないとは、無力なものだな)
(死ぬというのは本来そう言うことさね)


 霖之助の肩を励ますように叩く小町。

 同時に、タイミングを見計らったかのように玄関から再び音が響く。


「……魔理沙」
「霊夢か……」


 ふたりはお互いの目を見……そのままいつもの定位置へと移動する。


「はい」
「ああ」


 霊夢はお茶をふたり分用意した。
 自分と、魔理沙と。

 その隣に、まるで手品のようにティーカップが現れる。


「来てたのね」
「ああ」
「貴女こそ」


 突然現れた咲夜にも、ふたりは驚きを見せなかった。
 まるで来ることがわかっていたかのように。


「…………」
「…………」
「…………」


 しばし無言。


「今までもあったんだよ。10日以上会わない事なんて。何度も」


 ややあって魔理沙が口を開いた。


「……だけど。10日会わないのと10日会えないのは全然違うんだな」
「そうね」
「……ええ……」


 3人の目は赤い。
 それぞれ、別の理由で。


「一番高いお茶ばかり飲むなって、よくそう言われたわ」
「……うん」
「お金も払わずに?」
「ツケよ」
「ああ、いつかちゃんと返すつもりなんだぜ」
「そう」
「私にも、売り物には腰掛けるなって……さ。
 もう私のものも同然なのにな」


 力なく笑い合う。


「私が買い物に来るとね、本当に嬉しそうな顔をするのよ。
 あの人はクールに振る舞ってるつもりみたいだけど……ふふっ」
「そうだな。よく顔に出るやつだから……」
「そうね……」


(おやおや、よく見られてるんだねぇ)
(身に覚えがないな)


 小町に笑われ、霖之助は気まずくなって立ち去ろうとした。
 本来聞いていい会話ではない。
 ……そんな彼を、小町が引っ張る。


(旦那、旦那)
(なんだい小町)
(女の子がヘコんでるんだ。ここで甲斐性見せておけば好感度がうなぎ登りってやつだよ)
(はぁ……どうやって見せるんだい?)
(それはその……気合いで?)


 3人を心配してるのは小町も同じらしい。
 しかし有効な解決策が浮かばないまま……3人が席を立つのを見守っていた。


「帰るわ。やることがあるから」
「……私も、仕事がありますから」
「ああ……そうだな……」


 魔理沙はこのまま残るようだ。


(ほらもう、早くしないから行っちゃうじゃないか)
(無茶を言うんじゃないよ)
(それで、どうするんだい? 旦那?)


選択肢

→霊夢
→魔理沙
→咲夜









→魔理沙
 背景:香霖堂・室内・昼


(魔理沙が気になる)
(まあね。ずいぶんヘコんでるみたいだし……)


 ひとりになり、俯いたまま魔理沙は動かない。
 しばらく様子を見守る。

 もし変なことをするようなら……小町に無理を言ってでも実体化して止めてもらおう。
 それで罰を受けるくらいならかまわない。
 そう、心に決めていた。


「ここじゃ泣かないって決めたんだぜ……」


 魔理沙はやがてぽつりと呟いた。


「よし!」

 気合いを入れるように、元気よく顔を上げる。


「香霖が戻ってきた時にビックリさせてやろう」

(ビックリだってよ。どうする旦那)
(どうするって……なんだい?)
(いやだねぇ。女の子が頑張ろうってんだ。ここはひとつ、知らんぷりしてあげるのが道理ってやつだろう)
(……それもそうか)
(おっとっと、どこに行くんだい旦那)
(……知らんぷりするんだろう? だったら見なくて……)
(何言ってるんだい。何したかはちゃんと見て無くちゃダメだろうに。そしてそれとなくやったことを褒めるんだよ)
(そういうものなのか……?)


 どうやら奥は深いようだ。
 そう話しているうちに、魔理沙は香霖堂の掃除に取りかかっていた。
 算盤も持っているところを見ると、店番も兼ねているらしい。


「あれ? 思ったより難しいぜ……」


 やり慣れていないせいか、手つきがおぼつかない。
 商品を倒しそうになるたびに霖之助は肝を潰していた。


「おっとっと……うわっ」


 魔理沙は商品を落としそうになり、支えようとして盛大に倒れ込んだ。
 思い切り倒れ込んだため、地面に強かに顔をぶつける。


「うぅ……」


 震える声を上げ……倒れたまま動かない。


(……何かないのか?)
(何がだい?)
(魔理沙を手伝えるような道具だよ)
(知らないねぇ。それに道具というなら旦那の専門だろうに)
(……そうだったな)
(よっぽど焦ってるみたいだね)
(……済まない)

「……ぐすっ……。
 ……いつまでもこうしちゃいられないぜ……」

(おーおー、健気だねぇ)
(…………)


 魔理沙は立ち上がると、再び商品の整理を開始した。
 整理とは言っても、元々雑然としていた店内を余計散らかしてしまっている。
 しかし、霖之助は何も言わなかった。

 程なくして、玄関からベルの音が響く。


「誰かいるかしら?」
「私の店に何の用だ……なんだアリスか」
「なんであなたの店なのよ」
「そのうちそうなるんだぜ」
「勝手な事ばかり言って……まあいいわ。布が切れたから欲しいんだけど、霖之助さんいるかしら」
「えーっと……」


 視線を泳がせる魔理沙。


(そうか、アリスは知らないのか)
(情報規制をしたのは……稗田の娘かねぇ)

 そうでなくてもアリスが住んでいるのは魔法の森の中だ。
 つい昨日の小さな事件を知らなくても無理はない。


「ちょっと出かけててな。しばらくは戻ってこないらしいぜ」
「それで魔理沙が店番してるの?」
「そ、そうだ」

(嘘つきは地獄行きです)
(……それは、映姫の真似か?)
(似てたかい?)
(いや全然)

「ふ~ん……。魔理沙、何かあったの?」
「え、な、何で?」
「なんか……元気ないみたいだから」
「何でもないぜ」
「そう」


 帽子を目深に被る魔理沙にため息を吐いて、アリスは周囲を見渡した。
 いろいろと道具が散乱した店内を見て、眉を顰める。


「なんか散らかってるわね。なにかしたの?」
「べ、別に。布だったな、布布……」
「そっちじゃないわよ。確かあっち」
「おっとっと」
「もう、手伝いましょうか?」
「いい。客は座ってろ」


(あれ? 旦那、どこに行くんだい)
(褒めてやる理由にはもう十分だよ。あとはしばらく……)
(ひとりになりたい? ひとりにしたい? 可愛いところもあるもんだねぇ)
(…………)
(よし、一緒に冥界で飲もうじゃないか)








2日目・夜(共通)
 背景:地獄・執務室


「は? まだ伝えてない? ……何をしてたんですか、今まで」
「いろいろあったんだよ」
「いろいろ、うん、そうだねぇ……。いろいろありましたよ、映姫様」


 小町のニヤケ顔を我慢しつつ、霖之助は映姫に向き直る。


「いろいろあって……で、あんなところで飲んでたわけですか」
「ああ、まあ」


 ふたりは三途の川で飲んでいたところを、先ほど映姫に呼び出されたのだった。


「それよりひとつ聞きたいんだが……もっと早く生き返る方法はないのかい?」
「あら、現世が恋しくなりましたか?」
「いや、旦那が恋しくなったのは……おっと」


 霖之助の視線に、小町は笑いながら顔を背けた。


「……すぐに現世に戻る方法ならありますよ」
「あるのか?」


 思わず聞き返す。
 早いのならそれに越したことはないではないか。


「そうですね……まず、生き返るのを諦めて死神に転職する。小町のように顕界に姿を現すことも可能です」
「お、それいいね。そうしなよ、旦那」
「……あいにく、香霖堂の店主でいたいんでね」


 首を振る霖之助に、そうですか、とだけ映姫は言う。
 元々受けると思っていなかったのだろう。


「次は別の人間、妖怪として転生する。この場合よっぽど特殊な方法をとらないと記憶は消えるでしょうね」
「……それでは意味がないな」
「あるいは亡霊となる。冥界の管理者に聞いてみればわかるでしょうけど……。
 この場合死亡が確定します」
「生き返ってはいないな」
「現世に戻る方法、といったでしょう。あとは……いえ、なんでもありません」


 言って映姫は首を振った。


「どれも使えないな……」
「その通り。ですからあの方法を提案したのです。今回に関してはこちらが完全に黒ですからね。これでも譲歩してるんですよ」
「」
「本来死というのは別れ。そして輪廻転生の入り口なのです。それをやれ蓬莱人だ亡霊だと……」

(旦那、旦那)
(なんだい)
(このままだと映姫様の話だけで夜が明けちまうよ。早く向こう岸に行くとしよう)
(それは困るな……わかった)


「そもそも寿命というのは……」
「じゃあ映姫様。あたいたちは用事があるからこれで~」
「あっ、小町、霖之助さん、まだ話は……」


 部屋を飛び出していくふたりの背中を見送って、映姫はひとつため息を吐いた。


「……もう!」





 背景:三途の川中・夜


「それで旦那、どこに行くんだい?」
「ああ、今日は……」









→魔理沙
 背景:霧雨邸・中・夜


「今日は疲れたぜ……」


 魔理沙は軽い音を立ててベッドに倒れ込んだ。
 昨日ベッドで寝てないせいか気持ちがいい。


「結局アリスに手伝ってもらったな……」


 慣れないことをした疲労もあって、魔理沙の意識はすぐに眠りに落ちていった。


「はい、やって来ましたお宅拝見!」
「何でそんなにテンションが高いんだい、小町」
「ようやくあたいの出番だと思ったらつい……」
「……酔ってるようだね。心配だ……」
「大丈夫だって。ほらほら、夢の中へ行くよ」




 背景:黒


「う~ん……香霖……」


 夢の中でも魔理沙は寝ていた。
 素直というかなんというか……。

 夢も真っ直ぐで、いかにも魔理沙らしい。
 そう考えると、思わず笑みがこぼれた。


「お疲れ様、魔理沙」
「ああ香霖……」


 霖之助の声に、寝ぼけた目を擦りながら、魔理沙は起き上がる。
 そして彼が口を開く前に、魔理沙は今日あったことを話し始めた。


「アリスのやつがさ。私は根本的に店員に向いてないって言うんだよ。そんなことはない、ただ慣れてないだけだって言い返したんだけど」
「うん」
「店員って結構難しいんだな……」
「ああ、そうだろう」


 霖之助は相槌を打ちながらただ話を聞いていた。
 魔理沙の話を遮り、こちらの話を切り出すことはいつでも出来る。
 だが……今は話を聞いていたかった。


「掃除もさ、もっと簡単だと思ってたんだ。商品どかして、一気にバーッと……」
「そしたら間違いなく壊れるな……」
「ああ、壊れちゃったぜ……」
「何?」
「あはは。香霖が帰ってきたら怒られるかな」


 言って、表情を曇らせる。


「香霖が帰ってきたら……」
「すぐに帰ってくるよ」
「……ああ、そうだな」


 霖之助の言葉に、魔理沙はぱっと表情を輝かせた。


「さすが夢の中の香霖はいいこと言うな」


 そう言って魔理沙は照れたように笑う。

 夢の中の。
 しかし霖之助はその言葉に釈然としないものを感じた。
 それではまるでいつもの霖之助が変なことばかり言っているようではないか。


「なあ香霖」
「なんだい」
「香霖はさ、あの、さ……私のこと……」


 何か言いかけて、やめる。
 それを数度繰り返して……。


「やっぱり無理だ。夢の中とは言え恥ずかしすぎる」


 言って魔理沙は帽子で顔を隠し、ベッドに倒れ込んだ。
 しばらく枕に顔を押しつけ……やがて大人しくなる。


「……やれやれ」


 霖之助はひとつため息を吐くと……魔理沙の近くに腰掛けた。


「魔理沙、聞いてるかい?」
「ああ、寝てるぜ……」


 こんな時にもいつも通りの魔理沙だった。


「それにしても、香霖がでてくるなんていい夢だったぜ……」
「魔理沙? 魔理沙?」


 完全に夢だと思い込んでいるらしい。
 ……夢である事に違いないのだが。


「……旦那、ちゃんと伝えられたのかい?」
「いや、その……」









3日目・昼(共通)
 背景:地獄・執務室


「そういえば、まともに夢枕に立った事がないな」
「おかしいねぇ」


 霖之助と小町は首を傾げた。
 当初の予定ではぱっと行ってぱっと帰ってくるだけだったはずなのに。


「おかしいねぇ……じゃありません! なにをサボってるんですか」
「いや、あたいのせいってわけじゃ……」
「僕のせいでもないよ」


 閻魔の視線に、ふたりは首を振る。


「だがそれも今日までだ。3度目の正直という言葉があってね」
「2度あることは3度あるとも言うけどね」


 小町の茶々に、霖之助は言葉を詰まらせた。
 否定できない自分が悲しい。
 そんなふたりに映姫はため息を吐く。


「その必要はありません」
「必要無い?どういうことだ?」
「今日の月を知ってますね」
「今日はなんだい?」
「あたいは知らないけど」


 小町に尋ねてみるが、答えは返ってこなかった。
 再び映姫のため息。


「……コホン。今日は満月なのです。
 つまり貴方が身体に戻る日でもあります」
「もう復活なのか?」
「いいえ。肉体に生気を入れておくために、たまに戻る必要があり……。と、細かい事情はともかく。
 今日の夜、満月が出ている間は肉体に戻ってもらいます」
「そうか……しかし、どうやって? 僕の身体は……」
「そのあたりは抜かりありません。妖怪の賢者に頼んでありますから」


 なるほど、彼女も十分関係者らしい。


「わかった。夜だな」
「ええ、その間何をしようと自由です。しかし朝になればまた魂の状態に戻るので忘れないように」






 背景:三途の川・昼


「よかったじゃないか、旦那。身体に戻れて」
「まだ3日だけどね。だがこの3日でよくわかったよ」
「なにがだい?」
「霊体の不便さが、さ」
「ま、生きようとするならね」


 そう言って小町は遠くを見つめた。
 三途の川の渡したる彼女も、いろいろ見てきたのだろう。


「しかしなにをしてもいいと言うことは……」
「うん、そうだと思うよ。むしろ……」
「この機会にちゃんと話してこいって事かな」


 ふたりで苦笑する。


「さて、夜までどうする?」
「ああ、実はもう予定が決まっていてね……」









→魔理沙(自動分岐)
 背景:森・昼


「また様子を見に行くのかい?」
「ああ、香霖堂が心配だからね」
「心配してるのは店のことかい?」
「……ついでに魔理沙も、怪我しないように見張ろうかと思って」
「触れもしないし声もかけられない、助けてもやれないのに?」


 小町はニヤニヤと笑いながら霖之助に顔を寄せる。
 そんな彼女に、霖之助は降参とばかりに手を振った。


「わかったよ。魔理沙のことが心配なんだ、これでいいだろう」
「おやおや、もう十分だなんて言っときながらやっぱり気になるんだねぇ」
「今日会うことになるだろうからね。下準備と言ってくれたまえ」





 背景:香霖堂・室内・昼


「おっとっと」


 朝も早いというのに、魔理沙は香霖堂で作業を開始していた。
 作業……だろうか。
 どう見ても散らかしているようにしか見えないのだが、本人はきっと手伝ってるつもりなのだろう。


「あれ? これどこにあったっけ……」


(それはそっち……ああ、そこじゃないよ)
(旦那……)


 小町はぽんと肩に手を置き、首を振る。


(あ、ああ……)
(放っておけないのはわかるけどね。過保護は逆効果だよ)
(わかってるよ)


 小町に言われ、霖之助は渋々と椅子に腰を下ろす。
 こうしていると、いつもの日常が戻ったみたいな錯覚を覚える。
 違うのは魔理沙が霖之助に気づいてないことと、働いていることくらいだろうか。


「……こんなものかな」


 ふう、と魔理沙は汗を拭う。
 慣れてきたのか、少しずつ店内は綺麗になっていた。
 ……場所を把握し直すのが大変そうだ、と内心苦笑するが。


(お疲れ様、魔理沙)


 霖之助は立ち上がり、魔理沙の頭を撫でようとして……ため息を吐いた。
 触れられない。
 ただそれだけなのに、こんなにもどかしいとは。


「さて、次は……」


 目の前に立つ霖之助に気づかず、すり抜ける魔理沙。


「ん……?」


 ふと違和感を覚えたのか、振り返る。


「香霖……?」


 首を傾げ、見つめてきた。
 見えてるはずもない。
 気づくはずもない。


「気のせいだよな。私がもっとしっかりしないと」


 魔理沙はそう言ってひとつ笑うと、再び作業を開始した。
 昨日に比べるとずいぶん元気になったと思う。
 例えそれが、空元気だとしても。


「……もっとしっかりしないと、香霖に笑われちゃうからな」


 よし、と気合いを入れ直す魔理沙。


(旦那、そろそろ……)
(ああ)


 小町に言われ、霖之助は歩き出す。
 その背後で……魔理沙はひとり、照れたように呟いた。


「そして……香霖が帰ってきたら……伝えるんだ……」








 背景:稗田家・室内・夜


「霖之助さんの身体、本人に返してきたわ」
「ありがとうございます……お手数かけますね」
「構わないわ」


 紫に礼を言って、阿求は空を見上げた。
 綺麗な満月。
 今頃彼は、どうしているだろう。


「いいのですか?」
「あなたこそ」


 ふたり、顔を見合わせ……笑う。


「別に私は、まだまだ先がありますから。例え私でなくても」
「奇遇ね。私もよ」









 背景:香霖堂・室内・夜


「どうだい旦那、久し振りの身体は」
「まだ3日だよ。懐かしいことには変わりないけどね」
「それはよかった。手伝ったかいがあるってもんさ」
「……どこに行くんだい?」
「今は旦那に付いておく必要がないからね、酒でも飲んでくるよ。幸い、一緒に飲めそうな知り合いもいることだし」
「そうか」


 小町はひらひらと手を振ると、出口に向かって歩き出した。
 その背中に、霖之助は声をかける。


「小町」
「なんだい?」
「ありがとう」
「どういたしまして」


 ひとりになった霖之助は、お茶を飲み干すと立ち上がった。
 行き先は決まっている。





 背景:星空


 綺麗な満月だった。
 夜空の中央に陣取った月。

 満月が出てるときは例えどこであろうとそこが空の中心だ。
 ……そんなことを誰かが言っていた気がする。

 月の光が強い。
 強いからこそ、それに負けずに輝く星を探す。


「一番輝く星を見つけてやるぜ!」


 いつだったか、魔理沙は霖之助にそう宣言した。
 以来、こうやって満月の日は空を見上げている。


「あんなに月に近いところでも星が輝いてる……」


 ――まるで魔理沙みたいだね。

 かつて、隣でそう言った人がいた。

 ――月が出ているときくらい、星も休めばいいものを。

 冗談めかしてそう言う彼に、その時彼女はこう答えた。
 わかってないな、と前置きして。


「月が出てるからこそ輝きたいんじゃないか。なあ香霖……」






 背景:黒


「まったく、魔理沙みたいな星だね」
「んー……」


 すぐ近くで声がした。


「月が出ている間くらい……。
 僕が居ないときくらい、大人しく待っていればいいのに。
 ……今思えば、魔理沙らしいんだろうけどね」


 聞き慣れた声。
 いつの間にか眠っていたらしい、と気づいて魔理沙は目を開ける。


 背景:星空


「一番の星は見つかったかい? 魔理沙」
「こ……」


 思わず魔理沙は飛び起きた。
 ……そのあとで霖之助に膝枕されていたのだ、と気づき、少し名残惜しい気もしたけれど。


「香霖!」


 霖之助に抱きつく魔理沙。
 いつかの夢のように、すり抜けることもない。
 暖かな身体。
 確かな肉体。


「夢じゃないんだな、本当に、夢じゃないんだな!」
「ああ」


 肉体に戻れるのは今日だけだが……今言うべき事ではない。
 代わりに霖之助は、少し困惑したかのように呟く。


「……少々力が強くないか、魔理沙」
「だって……私の中の香霖の身体……冷たくて……グスッ」
「やれやれ」
「なあ、香霖」
「なんだい」
「もっと名前を呼んでくれよ……」
「魔理沙」
「もっと抱いてくれよ……」
「……こうかい?」
「もう、どこにも行かないでくれよ……」
「……それは無理だよ。あと1週間くらいはね」


 返事の代わりに、魔理沙はグスッと鼻を鳴らした。


「でも魔理沙は待てるだろう? 僕の知ってる魔理沙は……頑張り屋だからね」


 強い子、とは言えなかった。
 彼女の弱いところは十分知っている。


「ただできるなら……店はあまり壊さないで欲しいかな」
「み、見てたのか?」
「ああ。魔理沙。君は何でもひとりでやる必要はないんだ。難しいことはアリスや霊夢を頼るといい。それが出来るのも君の強さだろう」
「うん……」
「いい子だ」


 言って、霖之助は魔理沙の頭を撫でる。
 魔理沙は気持ちよさそうに眼を細め……そんな彼女に、霖之助は視線を合わせた。


「じゃあ魔理沙。少し僕の話を聞いてくれるかい?」










→復活するまでの間のとある一日


「すっかり私物化ね」
「そのうち私のものになるんだ。問題ないぜ」
「また勝手なこと言って」


 ため息を吐くアリス。
 それから……恐る恐る、といった様子で切り出した。


「……霖之助さんが死んだって聞いたんだけど」
「ああ、そうだぜ。いや、死んでないぜ。すぐ戻ってくるからな」
「冷静なのね」
「ああ、だって……」


 魔理沙は少し視線をずらした。
 たぶんこのあたりだろう。
 見ることは出来ないが、いてくれると信じることは出来る。


「いつも見ててくれてるからな」

コメントの投稿

非公開コメント

 初プレイ時、三人全員ルートがあるかもと挑戦した覚えがあります。勿論隠しルートも。
 結局何故か咲夜さんルートに行っちゃいましたけどね(笑

 ちなみにしっかり全ルートは見ました。今後の完成に期待。

 …いえいえ、別にそれ以外は期待してませんよ?映姫様とか映姫様とか。


なんだか魔理沙ルート攻略後、アリスルートに行けるような気がしてなりませんw
プロフィール

道草

Author:道草
霖之助がメインのSSサイト。
フラグを立てる話がメインなのでお気を付けください。
同好の士は大ウェルカムだよね。
リンクはフリーですが、ご一報いただけたら喜びます。

バナーはこちら。

<wasre☆hotmail.co.jp>
メールです。ご用のある方は☆を@に変えてご利用ください。

スカイプID<michi_kusa>

ついったー。

相方の代理でアップしてます。

同人誌情報
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。