FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半月昇夜 咲夜ルート

と言うわけで咲夜ルート。
相方の絵付きで。


霖之助 霊夢 魔理沙 咲夜









1日目・昼(共通)
 背景:地獄・執務室


「すみません、手違いで貴方を死なせてしまいました」


 冥界で映姫から告げられた霖之助は、思わず言葉を失った。

 気が付いた時には閻魔の前に立たされていた。
 さっきまで、ただ香霖堂で本を読んでいただけだというのに。


「本来なら貴方ではなく、暑さで貴方のストーブが壊れるはずだったのですが……おかしいですね」


 そう言って映姫は手元に置いてあった袋から錠剤を取り出し、口に放り込んだ。
 そして水も使わず飲み込む。


「貴方も飲みます?」
「……なんだい、それは」
「ミネラルサプリメントです。銅とかも入ってるんですよ」


 ……そういえば閻魔は人を裁く時、煮えた銅を飲むという。
 地獄のスリム化は、こんなところにまで影響を及ぼしているようだ。


「結構だ」
「そうですか」


 映姫はさしたる感情も見せず、口に何かをくわえた。
 煙草……ではない。スティックタイプの飴のようだ。
 事務職とはいえ疲労が溜まる……のだろうか。

 もちろんそんな事は霖之助にとってどうでもいい。


「で、僕はどうなる?」
「今回の非は完全にこちらにありますからね。もちろん復活してもらいます」
「そうか、ならすぐに頼む」
「ただし、次の半月まで待ってもらわなければなりません」


 疑問の視線を投げかける霖之助に、映姫はきっぱりと答えた。


「復活の儀式というものは繊細なものなのですよ。
 ましてや貴方は妖怪でも人間でもないのですから」


 『閻魔』としての顔の映姫は、身震いするような威厳に満ちあふれている。
 だからこそ、言葉に説得力がある。
 まるで、有無を言わさぬ判決のように。

 次の半月……下弦の月まであと10日ほどあった。
 それまでこの状態が続くという事だ。

 まあ、ただ我慢すればいいなら問題ない気きもする。
 その間、香霖堂で商売が出来ないだけが心残りだが……。


「そして貴方はその時までに善行を積まなければなりません」
「善行? 僕がかい?」
「はい。ごく簡単なものです。客観的に見れば」


 彼女はそう言うと、霖之助を安心させるように微笑んだ。

 映姫の少女としての顔。
 先ほどまでの重圧が霧散する。


「まだ時間もありますし、しばらくはゆっくりと幻想郷を見て回ってみてはどうでしょうか?
 普段とは違う景色が見られると思います。今の貴方は、普通の人妖には姿は見えませんから。
 あ、でもイタズラしてはダメですよ。地獄行きです」
「しないよ、そんなことは……」


 だが普段と違う幻想郷という言葉に魅力を感じるのも事実。
 これも歴史の1ページに載せる価値があるかもしれない。


「そうそう……」


 思い出したように、閻魔が呟く。


「貴方の身体ですが、現在仮死状態にあります。
 簡易結界を張っておきましたので腐ったりする事はないと思いますが……。
 まかり間違って火葬されないように手を打っておかないといけませんね」
「早く言ってくれ……すぐに伝えてくる。書き置きでも残しておけば……」
「もうひとつ」


 彼女の強い声が、歩き出そうとした霖之助を遮った。


「顕界のものに触れたりする事は出来ませんよ。貴方は今、魂だけの存在ですから。
 それにその状態でこの冥界から離れると迷ってしまい、自我が無くなるまで戻っては来られないでしょう」
「なら、どうすればいい?」
「小町と一緒に行動してください。
 曲がりなりにも彼女は死神ですからね。……曲がり過ぎてますけど。
 行動にさえ気をつけていただければ気楽にしてくれて結構です」


 本当は動かないのが一番なのですが、とため息。
 非は映姫たちにあるため、行動を制限する権利はないということか。


「だいたいの事はわかった。しかし善行を積むのはいいんだが、それはどのようなものだい?
 土壇場に無理だと言われてもどうしようもないからね」
「あら、眠りから覚める方法と言ったら決まっているでしょう?」
「……?」


 映姫の言葉に、しかし首を傾げる霖之助。


「……まあ、気づくとは思いませんでしたけど」


 こめかみを押さえ、ため息。
 そして再び錠剤を飲む。
 きっとカルシウムもたっぷり配合されているのだろう。


「半分の月が昇る夜に、誰か……貴方の事を想っている相手に、貴方の肉体に口付けをしてもらう事です。
 そしてその相手を選ぶ事が貴方に積める唯一の善行」
「な……」


 反論しようとして……映姫の目に、何も言えなくなる。
 閻魔が冗談でこのような事を言うはずがない。


「わかったらお行きなさい。小町は外で待たせてあります」


 映姫は手元の書類に目を落とし……ややあって口を開いた。


「……もし貴方がどうしてもというのなら……。
 その、私が……」
「おーい、旦那ー。暇だったんで迎えに来たよー」
「…………」


 声に顔を上げると、既に遠くを歩く霖之助の後ろ姿。


「どうしたんですか、閻魔様。鬼みたいな表情をされて」





 そんな彼女の元に、転生申込書類を携えた阿求がやってきた。


「なんでもありません。転生の手続きですね、すぐに取りかかります」
「それより閻魔様」


 ずいっと阿求は映姫に詰め寄り、視線を合わせた。
 それから……ニヤリと笑う。


「……なにやら面白い話をしてましたね?」







 背景:三途の川中・昼


「旦那も災難だねぇ」


 小町の操る船に揺られながら、霖之助は顕界へと向かっていた。
 来る時には乗った覚えがないのだが……それだけ緊急に連れてこられたと言う事だろうか。


「決まった事に文句を言っても仕方ないからね。なるようになると思うよ。
 それより、この事を誰かに伝えるにはどうしたらいいんだい?」
「ああ、それは夢枕に立てばいいのさ」
「夢枕? と言うと、あの……」
「そう、寝ている相手のところに行ってね」


 つまりそれは寝室に入らなければいけないという事だ。

(地獄行きです♪)

 ……悔悟棒を手に笑顔で迫る閻魔の姿が目に浮かぶ。


「しっかし旦那、死んだってのに余裕だねぇ」
「さぁね。少なくとも悲観はしていないよ」
「ふ~ん。あ、さては誰かに当てがあるとか? ニクいね」
「そうだね……見つからなかったら君に頼もうかな、小町」


 実際、楽観視しているのは単に失敗してももうひと月待てばいいだけだ、と言う理由からなのだが。
 外に出られるなら、拾えないにしても無縁塚で道具のチェックは出来るだろう。


「え?」


 小町は霖之助の言葉に動きを止めると、しばし考え込んだ。


「そんなもののついでみたいな頼み方じゃダメだね」
「はは、考えておくよ……」







 背景:香霖堂・外・昼


 香霖堂の前に三つの人影があった。
 ひとつは紅白、ひとつは白黒、もうひとつはメイド。


「こーりーん」
「……おかしいわね。全然反応がないわ」
「出かけてるんじゃないですか?」
「それはないわね」
「出かけてるならちゃんと私たちにもわかるようにしていくはずだぜ。
 ……その、いない時にツケが増える真似をするなって怒られたことあるからな」
「……そうね」


 妙なところで律儀な霊夢たちに、咲夜は心の中で微笑んだ。
 香霖堂からものを借りたりするのは彼女たちにとって、ただ道具のためだけではないのだろう。


「困ったわね、このままではお嬢様のお使いが……」
「まったくだぜ、いないならいないでどこに行くか書いておいてもらわないと」


 咲夜はお使い。
 魔理沙はいつもの暇つぶし。
 霊夢は……何か胸騒ぎがしたのでここに集まっていた。


「おや、お姉さんたち。おそろいで何やってんの」


 ふと、そんな三人に声をかける少女がいた。
 猫耳に猫車。
 期待一杯、といった満面の笑みで近づいてくる。


「お前は……地底の泥棒猫!」
「ひどいなー。落ちてる死体を片付けてやってるのにー」


 大して気にしていない様子で、お燐が笑う。


「……貴方、なんでここに?」


 霊夢が強い視線で睨み付けた。
 その様子に咲夜が首を傾げる。


「この辺からあたい好みの匂いがしてさー。確かめに来たってわけですよ」


 お燐の言葉に、顔を見合わせる三人。


「まさか……」
「……!!」


 言葉を発するより行動のほうが早かった。
 次の瞬間には、香霖堂の扉が吹き飛んでいた。


「…………」
「嘘だろ?」
「まさか」


 一同が見たのは倒れた霖之助の姿。


(あちゃー、遅かった)
(君が寄り道なんかしてるからだろう。こんな時にサボらなくても……。
 いや、のんきに構えてる暇はないぞ。早くあの三人を止めてくれ。店が破壊されてしまう)
(そうは言っても旦那のサポートをしてる限り、あたいもあの娘らと直接話しちゃいけないんだよ。死者が口をきいていいのはお盆と冥界の中だけだからね)
(なんだと)


 このままでは騒ぎが大きくなり、おそらく香霖堂は全壊。
 明日の新聞の一面が容易に想像出来た・


「香霖……?」
「…………」
「…………」


 霊夢と咲夜が見守る中、魔理沙が霖之助に触れた瞬間。


「そこまでです!」


 周囲を黒服を着た男たちが取り囲んだ。
 その中心にいるのは、稗田阿求その人である。


「この場は稗田が預かります。
 無駄な抵抗はやめて大人しくしなさい!」







 背景:稗田家・室内・昼


「さて、結論から言うと霖之助さんは死んでません」


 阿求の言葉で、一同に安堵が広まった。
 ……ひとりを除いて。


(おーおー。よかったね、旦那。みんな安心してるよ)
(…………)


 ……突然の事なので稗田の屋敷まで慌てて付いてきたのだが、何となく気恥ずかしい。
 本人たちもまさか霖之助が見ているとは思っていないはずだ。


「詳しくは言えませんが……霖之助さんは現在復活の儀式の最中なのです」


(なんで阿求が知ってるんだ?)
(旦那が映姫様のところに行ったろ? そのすぐあとにあたいが運んだから……)


 立ち聞きしてた、ということか。
 意外に腹黒い……。
 いや、元々だったかもしれない。

 しかしそうするとどうやってこっち側に渡ってきたのだろう……と思い、すぐに考え直す。
 誰かに運んでもらえばいいだけの話だ。
 妖夢たち冥界の住人が船を使っているなんて聞いた事がない。

 阿求の場合……おそらく映姫直々に運んでもらったのだろう。


(しかし生者に言ってもよかったかな……? ……まあ、いいや)


 首を捻る小町だったが、あっさりと思考を放棄する。


(稗田のは普通に生きてるとは言い難いし、問題ないか。そもそも転生も似たようなものだし)
(それでいいのか、地獄のシステム……)


 頭を抱える霖之助。
 ちゃんと復活出来るか心配になってきた。


「というわけで」


 どうやらあちらの説明も済んだらしい。
 あまり聞いていなかったが、ちゃんと説明していた……と信じよう。


「霖之助さんが復活するまで体はここで預かります」
「えー」


 不満そうな声を上げるお燐。
 皆の鋭い視線が彼女を睨むがどこ吹く風だ。


「幸い結界を張り直したりする必要はなさそうなのですが……。
 だからといってあなたたちがずっと見るわけにもいかないでしょう?
 こういうのも居る事ですし」
「私は別に、それでも……」
「そ、そうよね」


 霊夢と魔理沙が言いかけるが、阿求が眉を跳ね上げる。


「いいですね」


 無言のプレッシャー。
 霊夢は金銭的な援助が、魔理沙は実家の事があるため強く出にくい。


「あの。紅魔館ならもっと安全に……」
「もう決めた事です」
「……横暴です」


 まだ不服そうな三人に、阿求は近くに置いてあった袋をたぐり寄せる。


「……そうそう。霖之助さんの死因ですが。
 疑惑の深いものが出てきました」


 阿求は三人を一瞥すると、三本の筒を取り出した。


「あなたたち、これに見覚えはありますよね。
 これらのどれかが……霖之助さんの死因」


 言った瞬間、三人の表情がこわばる。
 ……かもしれません、とこっそり阿求が付け加えたのを聞いたのは、霖之助だったかもしれない。


「そうですよね、霖之助さん?」


 阿求が虚空に向かって声を上げる。
 それを合図に三人は弾かれたように顔を上げた。
 見渡す……が、生身の人間に霖之助を見る事は出来ない。

 なるほど、かなり細かいところまで阿求は映姫から聞いているようだ。

 ……確かにあれは香霖堂にあったものだ。
 赤い筒は霊夢が持ってきた……いや、捨てていった緑茶。
 黒い筒は魔理沙が持ってきたきのこスープの素。
 青い筒は咲夜が持ってきた紅茶が入っていた。

 あの時、どれかを飲もうとして……。

 しかし、毒などではなかったはずなのだが。
 それはちゃんと確認した。

 ……映姫の言うとおり、何か予想外のものが紛れていたのだろうが。


「まあ、返事しても私たちには聞こえないんですけど」


 阿求は肩を竦めて、三人に向き直る。


「とにかく、近いうちになにかしらの連絡があると思います。
 それまで大人しくしておくべきですね」


 渋々了承、と言った様子の三人。
 会議はこれで終了のようだった。


(旦那、そうなのかい?)
(覚えてないんだ。なにか飲もうと思ったのは確かなんだが……)


 死んだ時のショックだろうか、綺麗に記憶が抜け落ちていた。


(まあ、生き返るなら些細なことだよ)
(……旦那、長く生きてると生死の境界も曖昧になるのかい?)
(君に言われたくないな……)


 違いない、と微笑む小町。
 しかしふと、表情を真剣なものに戻す。


(あの娘たちには、結構大問題みたいだったようだけどね)


 去っていくそれぞれの背中を見送る。

 ……いつもより、小さく見えた。
 もしかしたら自分が……とでも思っているのだろうか。


(本当にあれが死因かもわからないのに)


 むしろあの場を収めるための阿求の嘘だった可能性もある。
 ……本人に確認しても、正直に話してくれるとは思えないが。


(で?)
(うん?)
(誰の夢枕に立つんだい?)
(そうだな――)



1.霊夢
2.魔理沙
3.咲夜









→咲夜
 背景:香霖堂・外・夜


「あのメイドかい?」
「ああ、復活した時お客を逃がしたくないからね」
「やれやれ、軽いねぇ……」


 苦笑する小町に、霖之助は首を傾げた。


「何かおかしいかい?」
「旦那はあのメイドをどんなやつだと思ってるんだい?」
「そうだな……」


 考える。
 洒落っ気が効き過ぎている気もするが、一言で言うなら……。


「完璧な人間かな」
「…………」


 小町は無言でため息を吐く……ふりをした。
 もう呆れてため息も出ない、と言いたいらしい。


「ま、少しは現実を知るがいいさ」





 背景:紅魔館・テラス・夜


「咲夜はどうしたの?」
「寝かせたわ。魔法でね」
「……そう。主人より早く寝るなんてなってないメイドね」
「そうね。仕事は完璧だけど……いつも以上に」
「当然よ」


 言葉とは裏腹に、レミリアの表情は暗い。
 パチュリーは口を開き……やめた。
 魔法使いの言霊は強い。下手な事を言うべきではない。


「まだ誰もその運命ではないのに……」


 誰ともなしに呟くレミリア。
 すっかり冷めてしまった紅茶をすする。
 妖精メイドが入れたせいでちっとも美味しくない。


「レミィ」
「わかってる」


 パチュリーの言葉に、顔を上げる。


「侵入者……?」


 しばし考え……椅子に座り直した。


「……まあ、いいわ。今日くらいはね」





 背景:紅魔館・咲夜の夢(咲夜の部屋・夜)


「貴方ですか」


 夢の中の咲夜は、落ち着いていた。


「ああ……」


 予想していたのと違う反応に、思わず面食らう霖之助。
 慌てず、騒がず、落ち着いた完璧なメイド。
 だが彼女の瞳にいつもの光はない。


「死んだ人が何か用ですか?」
「ああ、そのことで……」
「……用なら後にしてくれます? 私はお嬢様の僕。他の事に割いてる時間は……時間……」


 瞬間、咲夜の動きがコマ送りのように見えた。
 おそらく数度、時間を止めたのだろう。


「時は戻らない……戻れない……」


 そう呟いて……咲夜は深いため息を吐いた。


「私はあのお茶を……でも……」
「咲夜、実は……」
「……今日は……疲れました……」
「咲夜?」
「…………」


 話しかけても反応がない。
 本当に咲夜の夢の中なのだろうかと心配になる。
 本当に、あの咲夜なのかと。


(ありゃー、こりゃ重症だねえ)
(…………)









2日目・昼(共通)
 背景:香霖堂・室内・昼


「結局肝心な事は伝えられなかったねぇ」
「……ああ」


 小町の言葉に、霖之助は肩を落とした。
 自分の死というものが考えていたより少女たちに影響を与えているのを見て、認識を改めざるを得なかったのだ。

 予想ではもっとこう……
「おお店主よ、死んでしまうとは情けない」
 と言われるくらいだろうと、簡単に考えていたのだが。

 霖之助は山の神に教えてもらった外の世界の遊技を思い出しつつ、小町に向き直った。


「なに、まだ復活まで時間がある。今日伝えればいいさ」
「……ま、そう言うことにしておこうか」


 含みのある表情で笑う小町に霖之助は視線を背ける。

 魂の状態で見る香霖堂は、いつもと変わらない。
 客のいない店。
 違うのは、店主もいないということだけだ。


「何か言いたいことがあるようだね、小町」
「べっつにー。旦那も少しは自分の立場というものがわかってきたかなと思っただけさ」
「…………」


 反論できないので、霖之助は別の角度から反撃することにした。


「そもそもの原因は君たちのせいだろう」
「いや全くその通り。悪いと思ってるよ。思ってるからこうして一緒にいるんじゃないか」


 小町は全く悪びれた様子もなく、ニヤリと笑う。
 むしろ小町が一緒にいるのは仕事をサボりたいがためだと思っていたのだが。


「ね、旦那。野暮なことは言わないけどさ。旦那はあの娘たちにとって大事な場所なんだよ、きっと。
 お? あたい今いいこと言った?」
「……その一言で台無しだがね」
「あちゃー、そっか」


 おどける小町に、何となくふたりで笑い合う。
 これも小町の気遣いかもしれない。
 霖之助は先ほどまでの暗澹たる気分をとりあえず置いておくことにした。


「旦那は必ず復活できるんだから、暗い顔は似合わないよ」
「ありがとう、小町」
「いいってことさ」


 照れたように顔を染める小町。
 霖之助が口を開こうとしたとき、玄関のカウベルが音を立てた。


「……誰かいたような気がしたけど……気のせいか……」


 やってきたのは魔理沙だった。
 少し俯いた様子で、いつもの指定席である壺に腰掛け足をぶらぶらさせる。


(魔理沙……)
(聞こえないよ、旦那)


 言われなくてもわかっている。それでも呼びかけずにはいられない。
 大事な場所。
 その意味が、少しわかった気がした。


(声をかけることも出来ないとは、無力なものだな)
(死ぬというのは本来そう言うことさね)


 霖之助の肩を励ますように叩く小町。

 同時に、タイミングを見計らったかのように玄関から再び音が響く。


「……魔理沙」
「霊夢か……」


 ふたりはお互いの目を見……そのままいつもの定位置へと移動する。


「はい」
「ああ」


 霊夢はお茶をふたり分用意した。
 自分と、魔理沙と。

 その隣に、まるで手品のようにティーカップが現れる。


「来てたのね」
「ああ」
「貴女こそ」


 突然現れた咲夜にも、ふたりは驚きを見せなかった。
 まるで来ることがわかっていたかのように。


「…………」
「…………」
「…………」


 しばし無言。


「今までもあったんだよ。10日以上会わない事なんて。何度も」


 ややあって魔理沙が口を開いた。


「……だけど。10日会わないのと10日会えないのは全然違うんだな」
「そうね」
「……ええ……」


 3人の目は赤い。
 それぞれ、別の理由で。


「一番高いお茶ばかり飲むなって、よくそう言われたわ」
「……うん」
「お金も払わずに?」
「ツケよ」
「ああ、いつかちゃんと返すつもりなんだぜ」
「そう」
「私にも、売り物には腰掛けるなって……さ。
 もう私のものも同然なのにな」


 力なく笑い合う。


「私が買い物に来るとね、本当に嬉しそうな顔をするのよ。
 あの人はクールに振る舞ってるつもりみたいだけど……ふふっ」
「そうだな。よく顔に出るやつだから……」
「そうね……」


(おやおや、よく見られてるんだねぇ)
(身に覚えがないな)


 小町に笑われ、霖之助は気まずくなって立ち去ろうとした。
 本来聞いていい会話ではない。
 ……そんな彼を、小町が引っ張る。


(旦那、旦那)
(なんだい小町)
(女の子がヘコんでるんだ。ここで甲斐性見せておけば好感度がうなぎ登りってやつだよ)
(はぁ……どうやって見せるんだい?)
(それはその……気合いで?)


 3人を心配してるのは小町も同じらしい。
 しかし有効な解決策が浮かばないまま……3人が席を立つのを見守っていた。


「帰るわ。やることがあるから」
「……私も、仕事がありますから」
「ああ……そうだな……」


 魔理沙はこのまま残るようだ。


(ほらもう、早くしないから行っちゃうじゃないか)
(無茶を言うんじゃないよ)
(それで、どうするんだい? 旦那?)


選択肢

→霊夢
→魔理沙
→咲夜









→咲夜
 背景:紅魔館・テラス・昼


「今よ、パチェ!」
「わかってるわ」
「え……?」


 声がしたかと思うと、霖之助は身体の自由を失っていた。
 そのままずるずると、ある一点へ向けて引っ張られていく。


「おやまあ、霊体なのに器用なことをするね」
「見てないで助けてくれ、小町」
「別にいいんじゃないかね? 害はないみたいだし」


 彼女の言うとおり……霖之助を捕まえたふたりは彼に危害を加えるつもりはないようだった。


「というわけで、働きなさい」


 それどころか、仕事まで与えてくれるつもりのようだ。
 ありがたくて涙が出る。


「お断りだ。というか、全身縛られた状態で首を縦に振ると思ったのかい」
「ちょっとパチェ、断られたわよ?」
「レミィに迫力がないから……」


 なにやらきゃいきゃいと言い合っているようだが、霖之助には関係ない。


「旦那、大丈夫かい?」
「大丈夫だと思ったから助けなかったんだろう? まったく、君のサボり癖も大概だな……」
「あはは、照れるね」
「褒めてないよ」


 魔力の糸を小町に切ってもらい、自由を取り戻したところで霖之助は立ち上がった。
 ……とはいえ、このまま逃げたところで再び捕まるのがオチだろう。


「それで君たち……」
「なによ」
「そもそも何で僕の姿が見えてるんだい」
「……死霊と話すのなんてわけないわ。生霊かしら? どっちでもいいけど」
「ええ。そう言う運命なのよ」


 どうやらふたりとも便利な能力と高い実力を持っているようだ。
 だからといって勝手なことをしていいというものではないが。


「……もう行っていいかい」
「咲夜のところへ、かしら?」


 レミリアの言葉に、歩き出そうとした霖之助の足が止まる。


「行ってどうするのかしら? 何か役に立つとでも?」
「それは……」
「ふっふっふ、そんなこともあろうかと……パチェ!」
「はい、おまちどお」


 パチュリーがどこからか取り出したのはぬいぐるみのような物体だった。
 3頭身ほどの……執事のような格好をしている。


「これぞパチェが作った霊魂用……なんだっけ」
「いや、名前はいい。つまり……何?」
「これに入って咲夜を手伝ってきなさい」


 よく話が見えない。
 そもそもこのふたりを理解しようというのが無理なのではないだろうか、と霖之助は考えていた。


「いいから! 咲夜が咲夜が大ピンチで紅魔館もピンチなのよ!」





 背景:紅魔館・咲夜の部屋・昼


「はいこれ」
「……なんですか? これ」
「これとはなんだ」
「えっと、パチェが作ったのよ。ね?」
「そう。貴方にお似合いだと思って……じゃなくて、仕事の手伝い用に。昼間しか動かないけど」
「まったく……」


 なんでも、咲夜の調子がおかしいらしく紅魔館の空間(拡張部分)が不安定になったり食事の味が微妙なことになっているらしい。
 ……捕まえたりせずに最初からそう言ってくれれば協力したというのに。


「……貴方、あの人みたいな喋り方するのね」
「…………」


 咲夜の顔が近い。
 霖之助は思わず視線を逸らした。
 ぬいぐるみの身体がちゃんと動いてるかはわからなかったが。

 貴方が中に入ってることは秘密だからね、とパチュリーから言われていた。
 ばれたら何があるのかは……怖くて聞けなかった。
 小町の姿は見えないが……たぶん近くにいるのだろう。


「まあ、いいわ。お嬢様、少し借りていきます」
「ええ、別に返す必要はないからね」
「ぐっどらっく」





 背景:黒

「お疲れ様、旦那」
「……小町か」
「あの娘も少しは元気になったみたいだよ」
「ああ、それは何よりだ……しかし紅魔館の掃除がここまで重労働だとは……」
「はは、ほんとに疲れてるみたいだね。よし、一緒に冥界で飲もうじゃないか」









2日目・夜(共通)
 背景:地獄・執務室


「は? まだ伝えてない? ……何をしてたんですか、今まで」
「いろいろあったんだよ」
「いろいろ、うん、そうだねぇ……。いろいろありましたよ、映姫様」


 小町のニヤケ顔を我慢しつつ、霖之助は映姫に向き直る。


「いろいろあって……で、あんなところで飲んでたわけですか」
「ああ、まあ」


 ふたりは三途の川で飲んでいたところを、先ほど映姫に呼び出されたのだった。


「それよりひとつ聞きたいんだが……もっと早く生き返る方法はないのかい?」
「あら、現世が恋しくなりましたか?」
「いや、旦那が恋しくなったのは……おっと」


 霖之助の視線に、小町は笑いながら顔を背けた。


「……すぐに現世に戻る方法ならありますよ」
「あるのか?」


 思わず聞き返す。
 早いのならそれに越したことはないではないか。


「そうですね……まず、生き返るのを諦めて死神に転職する。小町のように顕界に姿を現すことも可能です」
「お、それいいね。そうしなよ、旦那」
「……あいにく、香霖堂の店主でいたいんでね」


 首を振る霖之助に、そうですか、とだけ映姫は言う。
 元々受けると思っていなかったのだろう。


「次は別の人間、妖怪として転生する。この場合よっぽど特殊な方法をとらないと記憶は消えるでしょうね」
「……それでは意味がないな」
「あるいは亡霊となる。冥界の管理者に聞いてみればわかるでしょうけど……。
 この場合死亡が確定します」
「生き返ってはいないな」
「現世に戻る方法、といったでしょう。あとは……いえ、なんでもありません」


 言って映姫は首を振った。


「どれも使えないな……」
「その通り。ですからあの方法を提案したのです。今回に関してはこちらが完全に黒ですからね。これでも譲歩してるんですよ」
「」
「本来死というのは別れ。そして輪廻転生の入り口なのです。それをやれ蓬莱人だ亡霊だと……」

(旦那、旦那)
(なんだい)
(このままだと映姫様の話だけで夜が明けちまうよ。早く向こう岸に行くとしよう)
(それは困るな……わかった)


「そもそも寿命というのは……」
「じゃあ映姫様。あたいたちは用事があるからこれで~」
「あっ、小町、霖之助さん、まだ話は……」


 部屋を飛び出していくふたりの背中を見送って、映姫はひとつため息を吐いた。


「……もう!」





 背景:三途の川中・夜


「それで旦那、どこに行くんだい?」
「ああ、今日は……」









夜会話
 背景:紅魔館・咲夜の部屋・夜


「あれま、可愛らしい」
「あまりじろじろと見るものではないよ」
「そんなこと言って、旦那も可愛いと思ってるだろ?」
「……まあ、可愛くなくはないね」
「お、旦那が珍しく。なんか妬けるね……」
「うん?」
「いや、なんでもないよ。なんでも。ほら、夢の中に入るんだろ? 早くしないと」
「ああ、わかってるよ」


 ぬいぐるみを抱いて眠る咲夜を刺激しないように、枕元に立つ。
 ……どうやっても刺激しようはないのだが、気分的な問題だ。

「それにしても……」
「どうしたんだい?」
「いや、このぬいぐるみは今抜け殻のはずだな」
「ああ、旦那はここにいるしね」
「……そんなに気に入ったのかな、咲夜は」
「う~ん、熊好きとか?」


 珍しいものが好きとは聞いたことあるが、そんな話は聞いたことがない。


「気にしても仕方がないか」
「そうそう。好かれるに越したことはないさね」


 改めて枕元に立ち……。
 視界が歪んだ。





 背景:紅魔館・テラス・夜


「思うんだけど」
「…………」
「人の屋敷に来たら、まず当主に挨拶するのが筋だと思うの」
「ああ、まったくもって君の言うとおりだ。すまない。……もう行っていいかい?」
「ダメよ」


 にべもなく断られた。
 どうやって咲夜の部屋からここまで霖之助を呼び出したのか……。
 疑問は残るが、レミリアに聞いても「運命だから」としか返ってこないだろう。
 もしくはパチュリーの召喚魔法だろうか。


「早く復活しなさい。咲夜があの調子だとこっちが滅入るのよ」
「善処するよ」


 善処したところで時間を勧めることの出来ない身では変えようがないのだが。
 その代わり、何とかやって咲夜を元気づけようと頑張ってはいる。
 こういう邪魔が入らなければ、だが。


「じゃあ、明日は7時からだから」
「……何が?」
「決まってるでしょ、咲夜の手伝いよ」


 当然のようにレミリアは言った。
 別に咲夜を手伝う分には構わない。
 ……どうせ暇なのだし。


「あー、やっと見つけたよ旦那。勝手にいなくなっちゃ困るよ。旦那が迷ったらあたいが怒られ……って、何でそんな格好してるんだい?」


 そう、それよりどうして今。


「どうして僕がまたぬいぐるみに入れられてるんだい?」
「スペアよ」
「まだまだたくさんあるわ」
「……そんなことはどうでもいいんだ」
「咲夜の代わりよ」
「そう。咲夜は主人より早く寝るいけないメイドなの。だから代わりが必要なのよ」
「眠らせたのは私だけどね」
「だからって……」
「その代わりこの館の出入りを自由にしていいわ。手が足りないなら、そっちの死神も……」
「あたいはどっちかというとお茶する方がいいなあ」
「……そう、それならそれでいいわ。変わった話も聞けそうだしね」
「それに貴方がここにいれば……彼はどこにも行けないわ」


 あっさりと裏切った小町に、霖之助はため息を吐いた。









3日目・昼(共通)
 背景:地獄・執務室


「そういえば、まともに夢枕に立った事がないな」
「おかしいねぇ」


 霖之助と小町は首を傾げた。
 当初の予定ではぱっと行ってぱっと帰ってくるだけだったはずなのに。


「おかしいねぇ……じゃありません! なにをサボってるんですか」
「いや、あたいのせいってわけじゃ……」
「僕のせいでもないよ」


 閻魔の視線に、ふたりは首を振る。


「だがそれも今日までだ。3度目の正直という言葉があってね」
「2度あることは3度あるとも言うけどね」


 小町の茶々に、霖之助は言葉を詰まらせた。
 否定できない自分が悲しい。
 そんなふたりに映姫はため息を吐く。


「その必要はありません」
「必要無い?どういうことだ?」
「今日の月を知ってますね」
「今日はなんだい?」
「あたいは知らないけど」


 小町に尋ねてみるが、答えは返ってこなかった。
 再び映姫のため息。


「……コホン。今日は満月なのです。
 つまり貴方が身体に戻る日でもあります」
「もう復活なのか?」
「いいえ。肉体に生気を入れておくために、たまに戻る必要があり……。と、細かい事情はともかく。
 今日の夜、満月が出ている間は肉体に戻ってもらいます」
「そうか……しかし、どうやって? 僕の身体は……」
「そのあたりは抜かりありません。妖怪の賢者に頼んでありますから」


 なるほど、彼女も十分関係者らしい。


「わかった。夜だな」
「ええ、その間何をしようと自由です。しかし朝になればまた魂の状態に戻るので忘れないように」






 背景:三途の川・昼


「よかったじゃないか、旦那。身体に戻れて」
「まだ3日だけどね。だがこの3日でよくわかったよ」
「なにがだい?」
「霊体の不便さが、さ」
「ま、生きようとするならね」


 そう言って小町は遠くを見つめた。
 三途の川の渡したる彼女も、いろいろ見てきたのだろう。


「しかしなにをしてもいいと言うことは……」
「うん、そうだと思うよ。むしろ……」
「この機会にちゃんと話してこいって事かな」


 ふたりで苦笑する。


「さて、夜までどうする?」
「ああ、実はもう予定が決まっていてね……」









→咲夜
 背景:黒


「紅魔館、ねぇ」
「ああ。昨日の約束があるからね。約束とは契約。きちんと守らなければならないよ」
「律儀なことで」


 労働契約に違反しまくっている小町は信じられないものを見るかのような目で霖之助を見つめる。


「そのやる気を少しでも道具屋のほうに向ければちっとは違うかもしれないのに」
「君が何を言っているかよくわからないが、僕はいつでも真剣に道具屋を営んでるつもりだよ」
「……ああ、なるほど」


 ポン、と小町が納得したように手を打つ。


「真剣にやってあれだから……」
「なんかひどいことを言われている気がするが、まあいい。このままだと時間に……」
「うん? 待ち合わせって何時だっけ?」
「ああ……既に遅れているな」





 背景:紅魔館・テラス


「遅いわよ。今何時だと思ってるの」
「これでも急いで来たんだがね」
「貴方が遅いから、また咲夜の元気がない……」
「ぬいぐるみだろう? 関係ない気はするんだがね」


 パチュリーの言葉に反論しつつ、霖之助はぬいぐるみの中へと入り込む。

 無機物とはいえ、やはり顕界にいると落ち着く。
 ぬいぐるみの身体に感覚などないため、違和感はぬぐえなかったが。

 しかし猫の手ならぬぬいぐるみの手も借りたいとは。
 それほど忙しいと言うことだろうか。


「じゃあ旦那、行ってらっしゃい」
「どう見てもこれから働こうという人間を見送る姿勢じゃないな」


 小町は既にレミリアたちと一緒にお茶を飲んでいた。
 すっかりなじんでしまっているのは彼女の才能だろうか。

 だが。


「……何故だろう」
「うん?」
「君がサボっている姿を見ると安心するな」
「あはは、褒め言葉と受け取っておくよ」



 背景:紅魔館・廊下


「遅い」
「ぬいぐるみに文句を言うんじゃないよ……」
「口答えしない」


 これのどこが元気がないというのだろう。
 完璧なメイドは仕事に対してのこだわりも完璧だった。


「そこはそうじゃなくて……こうやって磨くの」
「手足が短くてやりづらいんだよ」
「もう、普段からやってないからそんな言い訳をするのよ」


 思わず霖之助は反論しようとし……慌てて口をつぐむ。
 今の自分は森近霖之助ではないのだ。


「……ぬいぐるみが普段掃除をするわけ無いだろう」
「それもそうね」


 咲夜は苦笑混じりにため息を吐くと……霖之助をひょいと抱え上げた。


「……咲夜?」
「ぬいぐるみだもの。こうされたって文句ないわよね」
「ああ……」


 霖之助は……正確には、霖之助の身体となっているぬいぐるみは咲夜に抱きしめられていた。
 感覚はないが何となくくすぐったい。
 昨日の夜もだが、そんなにこれが気に入ったのだろうか。


「ねえ、貴方はどうして私のところに来たの?」
「レミリアたちから何も聞いてないのかい?」
「お嬢様もパチュリー様もわざわざそんなことを説明するような人たちじゃないわ」


 言われて少し納得してしまった。
 確かにふたりとも、自分が納得できればそれで満足してしまうような性格だ。


「気になったから、それだけだよ」
「そう」


 それより、どうして咲夜はそんな事を聞くのだろう。
 霖之助が首を傾げていると、ようやく咲夜の手から解放された。


「さあ、仕事に戻りましょうか」


 そう言った咲夜の表情は……何となく、晴れやかだった。









 背景:稗田家・室内・夜


「霖之助さんの身体、本人に返してきたわ」
「ありがとうございます……お手数かけますね」
「構わないわよ」


 紫に礼を言って、阿求は空を見上げた。
 綺麗な満月。
 今頃彼は、どうしているだろう。


「いいのですか?」
「あなたこそ」


 ふたり、顔を見合わせ……笑う。


「別に私は、まだまだ先がありますから。例え私でなくても」
「奇遇ね。私もよ」









 背景:香霖堂・室内・夜


「どうだい旦那、久し振りの身体は」
「まだ3日だよ。懐かしいことには変わりないけどね」
「それはよかった。手伝ったかいがあるってもんさ」
「……どこに行くんだい?」
「今は旦那に付いておく必要がないからね、酒でも飲んでくるよ。幸い、一緒に飲めそうな知り合いもいることだし」
「そうか」


 小町はひらひらと手を振ると、出口に向かって歩き出した。
 その背中に、霖之助は声をかける。


「小町」
「なんだい?」
「ありがとう」
「どういたしまして」


 ひとりになった霖之助は、これからについて思案を巡らせた。
 会っておきたい相手はいるのだが、生身の身体で今から行っても間に合わないだろう。
 そもそも寝ている可能性のほうが大きい。

 さてどうしようかと思ったところで、玄関のカウベルが音を立てた。


「いらっしゃい」


 反射的に声をかける。
 玄関をくぐった人物は、瀟洒な笑みとともに言葉を発した。


「無断で店を開ける不良店主をひとり、所望したいのだけど」
「残念ながら香霖堂は生物を扱ってなくてね」


 咲夜は霖之助の前で歩みを止める。
 いつもの、店主と客の距離。


「驚かないのかい?」
「いいえ、驚いてるわ」


 咲夜はゆっくりと首を振った。
 ……とてもそうは見えないのは、霖之助だけだろうか。


「明かりがついてるから何事かと思ったのだけど」
「そうか、それは心配をかけたね」


 霖之助は蝋燭に息を吹きかけた。
 明かりが消え、夜が降りてくる。

 やがて目が慣れてくると、月明かりの中咲夜の姿が浮かび上がった。


「いつまでなの?」
「今日だけだよ」


 短いやりとり。
 それだけで、彼女は理解したようだ。


「でも復活は出来るんでしょう?」
「ああ、その予定なんだが……」


 そう言えば、まだ肝心なことを伝えていないことを思い出した。


「ひとつ、頼み事をしたいんだ」
「何かしら」
「僕が身体に戻る条件なんだが……」


 嫌なら聞いてくれなくても構わない、と前置きして霖之助は言葉を続けた。

 多分……いや、間違いなく阿求が説明していないだろうと思われる部分を。
 映姫から聞いた条件。善行、と彼女は言った。


「それを、私に?」
「ああ、君くらいにしか頼めなくてね……」


 もし選ばなくても復活はさせてくれるだろうが……代わりにどんな条件を出されるかわかったものではない。


「もし断ったら?」
「……君も少女だからね。そうおいそれとしてくれるものとは思ってないよ。
 ダメだったら……そうだな……」
「何も考えてないのかしら?」
「……恥ずかしながら、ね」


 さすがにこの状態で別の少女に……とは言えなかった。
 そんな霖之助の考えを見透かすように、咲夜は霖之助との距離を積める。

 店主と客の距離から、ずっと近くに。


「む」
「ん……」


 霖之助は思わず目を見開いた。
 目の前には咲夜の顔。
 唇には、唇。

 どれくらいの時間そうしていただろうか。
 彼女はゆっくりと唇を離し、月明かりの下で微笑む。


「これで本番、貴方が気にすることはなくなったわね」
「…………」
「だって、一回も二回も同じでしょう?」












→復活するまでの間のとある一日


「ほら貴方、ノロノロしない!」
「わかってるよ……」


 ぬいぐるみの姿のまま、霖之助は咲夜を手伝っていた。
 慣れればなんとか……程度だが。
 手伝う事で彼女の調子が戻るならいいだろう。


「次はそっち」
「はいはい」


 ただ待ってるのも暇だからいいか、と霖之助は考えていた。
 図書館の本も読み放題だし。
 ……そう思わないとやってられないというのもある。


「ふふ」


 ……いや、彼女のこの笑顔が見られるのなら安いものだ。

 霖之助がそう考えていると、再び後ろから抱きかかえられる。
 そして耳元に、咲夜の囁き声。


「お疲れ様、霖之助さん」

咲ぬいぐるみ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3ルート全部読みました。

なにこの乙女ども可愛らしい^q^<282828
というか霖之助さんは三人を心配させたTSUGUNAIに三人とも娶るべきだと思うんd(ピチュチュチューーーン ←粛清

三者三様の悲しみ方だけどそれに対する霖之助さんの朴念仁っぷりが変わらなくて、こまっちゃんの「やれやれ……旦那には苦労させられるね」というため息が聞こえてきそうです。
咲夜√は普段の瀟洒なメイドからは見れない弱々しい姿がうかがえて楽しかったです。
霊夢√の気丈な感じも素敵だし、魔理沙√で涙ぐむのも可愛いし……。
……そうか、幻想郷で一夫多妻制を導入すれば(ピチューン


あとさり気なくアタックしてるえーき様カワイイ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

道草

Author:道草
霖之助がメインのSSサイト。
フラグを立てる話がメインなのでお気を付けください。
同好の士は大ウェルカムだよね。
リンクはフリーですが、ご一報いただけたら喜びます。

バナーはこちら。

<wasre☆hotmail.co.jp>
メールです。ご用のある方は☆を@に変えてご利用ください。

スカイプID<michi_kusa>

ついったー。

相方の代理でアップしてます。

同人誌情報
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。